あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Galaxy Z Flip 5とFold 5は耐久性テストで着実な進化を見せる

折りたたみ式スマートフォンに対する最大の懸念は耐久性だろう。使っているうちにヒンジ部分のディスプレイが劣化したとか、中にはディスプレイが自然に割れたという話がWeb上では囁かれている。この点に関して、もちろんメーカーも認識しているようで、Samsungも自社製品の改良を続けており、新たにGalaxy Z Flip 5とGalaxy Z Fold 5の拷問テストは、Samsungのデバイスが着実な進化を遂げていることを示している。

Mrkeybrdによって、この数日間、ライブストリーミングで実験されたSamsung Galaxy Z Flip 5の耐久性テストは、数十万回の折り畳みの過程で折りたたみ式フリップフォンの破壊を試み、最終的には破壊することに成功したが、その確認された耐久性はSamsungの公式の発表を大幅に上回るものだった。

SamsungはGalaxy Z Flip 5とFold 5の折り畳み回数を20万回としているが、この手動テストではFlip 5はその2倍、40万回以上の折り畳みに成功した。

とはいえ、それまで無傷だったわけではない。約22万回折りたたんだ後、ヒンジの調子が悪くなり、一部が開いてしまったが、その時点ではまだ完全に機能していた。400,000回後、まだ動いていたが、水、小麦粉、卵を浴びた後、ついにディスプレイが死んだ。最終的な開閉回数は401,146回だった。残念ながらライブストリームは録画されていないため見ることができない。

ちなみに、競合するMotorola Razr+は、同じテストでわずか126,266回で完全に破壊された。

折りたたみ式スマートフォンで先行し、既に5世代を迎えるGalaxy Z Flip 5、そしてFold 5は、やはり他社に比べて優れているようだ。

Galaxy Z Fold 5のJerryRigEverythingによる拷問テストでも裏付けられており、折りたたみ可能なヒンジ、ディスプレイ、フレームは、傷や炎、激しい曲げテストにも耐えている。GoogleのPixel Foldは最近、同じテストでバラバラになり、Samsungのリードをさらに強固なものにしている。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする