あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Galaxy S24 Ultra及びS24/S24+が正式に発表されたが、その席でSamsungとGoogleは新たな複数年にわたる提携を発表した。この提携により、Google Cloudの生成AIが世界中のSamsungスマートフォンで利用できるようになる。新しいAIパートナーシップは最新のフラッグシップ機から開始され、Samsungはクラウド経由でVertex AI上のGemini ProとImagen 2を最新のスマートフォンに展開する最初の企業となる。

「GoogleとSamsungは長年にわたり、テクノロジーをより便利で誰にとっても利用しやすいものにすることの重要性に関して、深い価値観を共有してきました。Galaxy S24シリーズが、Vertex AIのGemini ProとImagen 2を搭載した最初のスマートフォンであることを大変うれしく思います。数カ月にわたる厳格なテストと競合評価の結果、Google CloudとSamsungのチームが協力して、Galaxyで最高のGemini搭載AI体験を提供することができました」と、Samsung ElectronicsコーポレートEVP兼モバイルエクスペリエンス事業部ソフトウェア室長Janghyun Yoon氏は述べている。

さらに開発はオンデバイスAIタスク用のGemini Nanoの搭載にも及ぶ。その背景には、ユーザーがAIを活用してテキストと画像の両方を処理できるようにするという考えがある。例えば、要約を生成する必要がある場合、Gemini Proは数秒でそれを提供できるかもしれない。一方、Imagen 2は、より画像に関連している。AI技術は、テキストを提供し、写実的な画像を生成するよう促すことができる。

まず、Imagen 2はGoogleのクラウドベースの機械学習プラットフォームであるVertex AIで利用できるようになった。その目的は、より多くの人々が独自の機械学習モデルやAIベースのアプリを作成できるようにすることだ。Galaxy S24のデバイスがあれば、すぐにImagen 2を使い始めることができ、ギャラリーアプリの画像の生成編集機能などを活用することができる。

Gemini NanoがS24デバイスに統合されたことで、AIを活用してテキストからビデオまであらゆるものをよりよく理解することもできる。例えば、メモやボイスレコーダーの要約を作成し、簡単に修正することができるようになる。これらの機能は、Galaxy S24のSamsung純正メモアプリとボイスレコーダーアプリに統合されており、後者はすでにPixel 8シリーズで動作している。

SamsungとGoogleのパートナーシップがいつまで続くかについての詳細は明らかにされておらず、まだ比較的新しい技術ではあるが、Geminiはすでにモバイルの形で登場している。2023年末、GoogleはGemini Nano(モバイルプラットフォーム向けに開発されたGeminiの版)をPixel 8 Pro向けに展開した。このツールを使えば、ユーザーはAIを導入して、音声要約からテキスト生成まで、あらゆることを処理することができる。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする