Galaxy S23, S23+, S23 Ultraのスペック一覧がリーク

masapoco
投稿日 2023年1月19日 10:31
61712

2月1日に発表と見られる、Samsungのフラッグシップスマートフォン「Galaxy S23」シリーズだが、一足先にスペックの詳細がお馴染み、WinFutureによってリークされている。

とはいえ、この1年でかなり多くの情報が漏れていたため、改めて驚かされるような内容はないが、改めて情報を整理するには有用だろう。

Galaxy S23, S23+

Samsungの2つのメインストリーム向けフラッグシップは、前モデルと多くの点が共通している。Galaxy S23は、2340×1080の6.1インチAMOLEDディスプレイを搭載し、48Hzと120Hzの間の可変リフレッシュレートに対応する。また、ディスプレイガラスには、Gorilla Glass Victus 2が採用されている。一方、Galaxy S23+は6.6インチのディスプレイで、解像度まで全く同じスペックだ。

カメラは、5,000万画素の標準(広角)カメラ、1,200万画素の超広角カメラ、1,000万画素の望遠カメラ(光学3倍ズーム)。セルフィーカメラは1,200万画素センサーで、ホールパンチカットアウト仕様だ。

バッテリーサイズは、Galaxy S23が3,900mAhで最大25W充電に対応。Galaxy S23+は、4,700mAhで最大45W充電対応となり、昨年と変わりはない。

両者の大きな違いの1つはストレージで、Galaxy S23は128GBと256GBのバリエーションが用意されるが、Galaxy S23+には256GBと512GBのバリエーションが用意される。RAM容量はどちらも8GBとなる。

Galaxy S23Galaxy S23+
ソフトウェアSamsung One UI 5.1 を搭載したGoogle Android 13
チップQualcomm Snapdragon 8 Gen2 (4nm)
ディスプレイ6.1 インチ Dynamic AMOLED 2X、2340 x 1080 ピクセル、Infinity-O-Display、48 – 120 ヘルツ、Gorilla Glass Victus 2、HDR10+、425 ppi6.6 インチ Dynamic AMOLED 2X、2340 x 1080 ピクセル、Infinity-O-Display、48 ~ 120 ヘルツ、Gorilla Glass Victus 2、HDR10+、393 ppi
RAM8GB
ストレージ128/256GB256/512GB
背面カメラトリプル カメラ: 50 MP (メイン カメラ、85°、f/1.8、23mm、OIS、デュアル ピクセル);
12 MP (超広角レンズ、120°、f/2.2、13mm);
10 MP (望遠、36°、f/2.4、69mm、3 倍光学ズーム)
インカメラ12MP (f/2.2、80°、25mm、HDR10+)
センサー加速度計、気圧計、超音波ディスプレイ内指紋センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、ホールセンサー、光センサー、近接センサー、UWB (UWB Plusのみ)
接続Bluetooth 5.3、USB Type-C、NFC、Wi-Fi 6e
電話接続2G (GPRS/エッジ)、3G (UMTS)、4G (LTE)、5G
衛星GPS、GLONASS、北斗、Galileo
ブラック、コットン、グリーン、パープル
寸法146.3×70.9×7.6mm157.8×76.2×7.6mm
重さ167グラム195グラム
追加IP68 準拠の防水、デュアル SIM (2x Nano + eSIM)、GPS、顔認識、2 スピーカー、Dolby Atmos、Wireless PowerShare、DeX、チャイルド モード、データ セキュリティ: KNOX、ODE、EAS、MDM、VPN
バッテリー3900 mAh、25Wの高速充電、10Wのワイヤレス充電4700 mAh、45Wの高速充電、10Wのワイヤレス充電

Galaxy S23 Ultra

Galaxy S23 Ultraは、6.8インチ、3080×1440のディスプレイを搭載し、1Hzから120Hzの可変リフレッシュレートに対応し、常時表示ディスプレイを実現している。また、同様にGorilla Glass Victus 2を採用している。

カメラは、2億画素のSamsung ISOCELL HP2カメラセンサーを搭載したメインカメラ(広角カメラ)、1,200万画素の超広角カメラ3倍と10倍の2つの1,000万画素望遠カメラが搭載される。興味深いのは、前モデルのS22 Ultraでは4,000万画素だったセルフィーカメラが、1,200万画素になるとのことだ。セルフィーカメラはオートフォーカスに対応する。

バッテリーは前モデル同様に5,000mAhのバッテリーを搭載し、45Wの高速充電に対応する。ストレージは256GB、512GB、1TB、RAMはバリエーションによって8GBまたは12GB(LPDDR5Xと思われる)が選択可能だ。また、Sペンを収納することが可能だ。

3機種とも、全世界で採用されるQualcommSnapdragon 8 Gen 2プロセッサ(3.36GHz)を搭載しているが、製造はTSMCではなく、Samsungが行うと言われている。

3機種とも、Bluetooth 5.3、Wi-Fi 6Eをサポートし、カラーは4色展開になる。Galaxy S23とS23+は、ブラック、コットン、グリーン、パープルの4色で発売され、S23 Ultraはコットンからクリームに変更される。また、ディスプレイ下の指紋スキャナーを搭載するが、これが改善された物かどうかは不明だ。

Galaxy S23 Ultra
ソフトウェアSamsung One UI 5.1 を搭載した Google Android 13
チップQualcomm Snapdragon 8 Gen2 (4nm)
画面6,8 Zoll Dynamic AMOLED 2X、3080 x 1440 ピクセル、Infinity-O エッジディスプレイ、1 ~ 120 Hz、Gorilla Glass Victus 2、HDR10+、500 ppi
RAM8/12 GB の RAM
ストレージ256/512GB/1TB
背面カメラクアッド カメラ: 200 MP (メイン カメラ、85°、f/1.7、23mm、OIS);
12 MP (超広角、120°、f/2.2、13mm);
10 MP (望遠、36°、f/2.4、69mm、OIS);
10 MP (望遠レンズ、11°、f/4.9、230mm、OIS、10 倍光学ズーム、100 倍スペース ズーム)
インカメラ12 MP (f/2.2、80°、25mm、HDR10+)
センサー加速度計、気圧計、ディスプレイ内指紋センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、ホールセンサー、光センサー、近接センサー、UWB
接続Bluetooth 5.3、USB-Typ-C、NFC、Wi-Fi 6e
電話接続2G (GPRS/エッジ)、3G (UMTS)、4G (LTE)、5G
衛星GPS、GLONASS、北斗、Galileo
ブラック、クリーム、グリーン、パープル
寸法163.4×78.1×8.9mm
重さ233グラム
その他IP68 準拠の防水、デュアル SIM (2x Nano + E-SIM)、GPS、顔認識、2 スピーカー、Dolby Atmos、Wireless PowerShare、DeX、チャイルド モード、データ セキュリティ: KNOX、ODE、EAS、MDM、VPN
バッテリー5000 mAh、45Wの高速充電、10Wのワイヤレス充電

Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Intel Ireland Fab34 3
    次の記事

    Intel、ドイツのメガファブ建設に補助金増額を要求

    2023年1月25日 14:03
  • 前の記事

    文章がChatGPTによって書かれたのかどうかを判別するツール「GPTZero」が話題に

    2023年1月19日 8:57
    gpt zero

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事