フランスでの流通禁止を受け、他の欧州諸国もiPhone 12の電磁波状況を調査へ

masapoco
投稿日
2023年9月15日 6:24
iphone12

AppleのiPhone 12が、「基準を上回る電磁波を放出している可能性がある」としてフランス当局が流通差し止めを行った事を受けて、多くのEU加盟国はこのデバイスに関する調査を開始した。

現在、ベルギーはこのデバイスに関連する健康リスクを見直す計画を発表し、ドイツ、イタリア、オランダの監視当局が状況を注視していると報じられている。

雪だるま式の影響

昨日、フランスの電波規制機関であるANFRが、検査の結果、iPhone 12の比吸収率(SAR)が許容値を超えていたことから、iPhone12の販売を禁止する決定をAppleに通知したことが報じられた。ANFRは、同局から依頼を受けて検査を行った認定された研究所が、携帯電話を手に持ったり、ポケットに入れたりすることをシミュレートしたテストにおいて、身体による電磁エネルギーの吸収を1kgあたり5.74ワットと測定したと発表した。

フランスのJean-Noël Barrot副大臣(デジタル経済担当)は「現実的には、この決定は雪だるま式に影響を及ぼす可能性がある」と、述べていたが、この懸念が現実化してきたようだ。

Reutersによると、ドイツはこの状況を注視している。同国のネットワーク規制当局は、フランスの調査が十分に進めば、iPhone 12の電磁波の懸念についても調査すると述べた。ドイツのネットワーク規制機関BNetzAは、フランスでの調査がヨーロッパ全体の指針となる可能性があると付け加えた。

ベルギーは、iPhone 12の電磁波レベルに関連する潜在的な健康リスクを検討すると述べた。ベルギーのMathieu Michelデジタル化担当国務大臣は声明の中で、iPhone 12の潜在的な危険性についての分析を依頼するため、同国の規制当局に連絡を取ったと述べた。

オランダもこの問題を調査しており、Appleに説明を求める意向だが、同国のデジタル監視委員会は “急性の安全リスクはない”と述べている。イタリアも状況を注視しており、スペインの消費者団体はフランスと同様のiPhone 12の使用禁止を促している。イギリスは計画を発表していない。

Appleは、フランスのANFRに対し、世界で適用されるすべてのSAR規制と基準に準拠していることを証明する複数のAppleと独立した第三者機関の検査結果を提供したと述べている。同社はさらに、ANFRの審査結果に異議を唱えており、適合していることを示すためにANFRとの関与を続けていくと付け加えた。

EUの基準では、携帯電話の典型的な周波数範囲において、過剰な電磁波の主な危険性は、体内の細胞や化学物質の変化ではなく、”全身の熱ストレスと組織の過剰な局所加熱”であると指摘している。携帯電話の研究の大部分は、携帯電話が通信に使用する非電離周波数に定期的にさらされることによる悪影響はないことを示している。しかし、一連の研究は、結論が出なかったり、問題があったりするにもかかわらず、不必要な懸念を引き起こし、メディアの注目を集めている。世界保健機関(WHO)は、”携帯電話の使用による健康への悪影響は立証されていない”と述べている。

とはいえ、3年前のモデルであることを考えると、欧州の複数の国でiPhone 12の販売が禁止されても、AppleがEUでの販売から得ている950億ドルの収益に大きな影響はなさそうだ。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Bose QuietComfort Ultra Headphones 10
    次の記事

    Bose、空間オーディオに対応した「QuietComfort Ultra」シリーズヘッドフォンとイヤホン3機種を発表

    2023年9月15日 6:42
  • 前の記事

    iPhone 15 Pro(A17 Pro)のベンチマーク結果が登場、小幅な速度向上と8GB RAM搭載を示す

    2023年9月14日 20:14
    Apple iPhone 15 Pro lineup hero 230912
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事