ExxonMobil、年間100万台分のEVバッテリー用リチウムを供給へ

masapoco
投稿日 2023年11月14日 10:39
lithium

ExxonMobilは、アメリカ国内でリチウムの掘削を開始し、電気自動車(EV)用バッテリーの主要な供給源となることを目指している。この動きは、石油会社としての長い歴史を持つExxonMobilが、新たな事業領域としてリチウムに注目していることを示している。同社は、現在のEVバッテリーに不可欠なリチウムを供給する主要な供給者となることを目指しており、2030年までにその地位を確立しようとしているようだ。

ExxonMobilは、アーカンソー州南西部にあるスマックオーバー層の120,000エーカーを今年初めに購入し、北米で最も大きなリチウム資源の一つとされるこの地域で、リチウム掘削の第一段階を正式に開始した。同社は、地下約3,000メートルのリチウム豊富な塩水貯水層での掘削を開始し、2030年までに年間100万台以上のEVの製造に必要なリチウムを供給することを目指している。

ExxonMobilの低炭素ソリューション部門の社長であるDan Ammann氏は、「リチウムはエネルギー移行に不可欠であり、ExxonMobilは電化への道を切り開く上で重要な役割を果たします。この画期的なプロジェクトは、従来の鉱業操作よりもはるかに少ない環境への影響で、北米の大量のリチウムを解放するために、ExxonMobilの数十年にわたる専門知識を応用するものです」と述べている。

ExxonMobilは、直接リチウム抽出(DLE)技術を使用して、従来の石油・ガス掘削方法を用いて塩水からリチウムを分離し、その後、リチウムをEVバッテリーグレードの材料に変換し、残りの塩水を地球に戻す。ExxonMobilによれば、DLEプロセスは「硬い岩石を採掘するよりも二酸化炭素排出量が少なく、必要な土地も大幅に少なくて済む」という。同社は電池用リチウムを現地で生産し、サブブランド「Mobil Lithium」と呼ぶ予定だ。ちなみに、ExxonMobilは1970年代に最初のリチウムイオン電池を製造しており、同社に取って初めての試みではない。

この動きは、電気自動車の税額控除がバッテリーパック内の米国内資源量にリンクされている新しい税制措置の影響を受けている。これにより、バッテリーパック内の国内資源の割合を年々増やす必要があるのだ。

自動車メーカーはこのような変化が起こることを予測しており、米国内でセルを製造しパックを組み立てる新しいバッテリー工場の建設に関する発表が相次いでいる。

このニュースは、EVの供給チェーンの観点から注目に値する。リチウムの需要が高まる中、国内の未利用資源を活用することで、供給チェーンを限定し、消費者にとっての車両コストを下げる可能性がある。特に、価格はEVのより広範な採用にとって大きな障害であるため、この動きは重要である。


Sources

  • aaa


この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • e5696f1d3a62c9f56ca685041833288f
    次の記事

    BingがChatGPTを統合してもGoogleの牙城は崩せない

    2023年11月14日 11:13
  • 前の記事

    YouTubeの広告ブロッカー検出がスパイ行為であるとして告訴される

    2023年11月14日 6:47
    youtube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事