Electronic Arts、全世界スタッフの5%を削減へ

masapoco
投稿日
2024年3月1日 5:56
ea about featured image

Electronic Artsは、全世界のスタッフの5%、約670名を解雇すると発表した。さらに、多くのゲームを「終了」させ、特定のライセンスIPから撤退する予定とのことだ。

EAのCEO Andrew Wilson氏は、「プレイヤーのニーズや動機が大きく変化する中、業界の変革が加速している」ことに対応するためであると従業員への書簡で語っている。また、EAは業務の合理化を進めており、今回の人員削減は “当社のビジネスを最適にサポートするために、世界的な不動産のフットプリントを最適化する”ための継続的な努力の一環であると付け加えた。

EAが将来のライセンスIPの開発から離れようとしていることは興味深い。EAが現在開発中のゲームには、ジェダイ3作目、アイアンマン、ブラックパンサーなどがあるが、いずれも影響はないと思われる。

Wilson氏はプレスリリースで、「このように集中することで、創造性を高め、イノベーションを加速させ、最大のチャンスを倍増させることができる。「私たちの所有するIP、スポーツ、大規模なオンラインコミュニティなど、今日そして明日、プレイヤーが求めるエンターテイメントを提供することができます」と、述べている。

EAの人員削減によって影響を受けるのは、ほとんどがサポートチームだ。同社は、中止されたプロジェクトの開発者を他のチームに移したいとしている。

EAは昨年3月、”リストラ”の一環として従業員の6%にあたる775人を解雇した。また、EAが所有するCodemastersでも12月にさらなるレイオフを実施している。

2024年が始まってまだ2カ月だが、今年これまでにゲームスタジオで行われたレイオフは約8000件にのぼる。この数字は、2023年を通して記録された業界全体のおよそ1万人の雇用喪失の80%に相当する。

今週も、Sonyがゲーム部門で900人を解雇し、ロンドン・スタジオを閉鎖したばかりだ


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Microsoft DirectX 12 Ultimate
    次の記事

    Microsoft、ゲームでの超解像技術の実装を容易にする「DirectSR API」を発表

    2024年3月1日 6:13
  • 前の記事

    OpenAIとMicrosoft、更に多くの報道機関から著作権訴訟を起こされる

    2024年2月29日 15:04
    open ai logo
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

今読まれている記事