あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

生成AI需要による莫大な消費電力の増大は、チップそのものの電力効率改善をかつてないほどに求める流れを作り出している。これまでほとんど名前が聞かれることのなかった「Efficient Computer」と呼ばれる秘密のベールに包まれたスタートアップは、新しく発表したチップアーキテクチャによって、それをまったく新しいレベルにまで引き上げたと主張している。

Efficient Computerはシリコンバレーのベンチャーキャピタル会社Eclipseが主導するシード資金調達ラウンドで1600万ドルを調達したと発表した。これと同時に同社は、「Fabric」と呼ばれるエネルギー効率に重点を置いた新たな独自アーキテクチャを明らかにした。

同社によれば、このFabricアーキテクチャを用いたチップは、従来のチップに匹敵する性能を発揮しながら、その消費電力はごくわずかなものに抑えられるという。同社は、「最高の組み込みフォン・ノイマン・プロセッサー」よりも100倍効率的で、電力集約型のGPUよりも1000倍経済的だと主張している。

CEOのBrandon Lucia氏はReutersのインタビューで、「この新しいアーキテクチャにより、より効率的な方法でソフトウェアをターゲットにすることが可能になります。これはプログラムを実行するためのより効率的な方法です」と述べた。

Efficient Computerはプレスリリースの中で、Fabricアーキテクチャーを同社の「Monza」テスト・システム・オン・ア・チップ(SoC)にすでに実装していると発表した。

Efficient ComputerがこのFabricアーキテクチャで実現したエネルギー効率の秘密は、一から並列性を最適化することによって実現している。汎用CPUは信じられないほど複雑で、後方互換性を維持するために大量のレガシー・クラフトを抱えている。Efficient Computerはそのすべてを取り除き、簡素化された再構成可能なデータフローアーキテクチャを使用して、多数の並列コンピューティング要素にわたってコードを実行する。

この革新的な設計は、カーネギーメロン大学での7年以上にわたる研究から生まれた。これは、チップの物理的レイアウト全体で異なる命令を同時に実行することにより、空間的並列性を利用するものである。効率的なオンチップ・ネットワークが、これらの並列コンピューティング・エレメントをリンクするという。

fabric architecture layout
(Credit: Efficient Computer)

Efficientのソフトウェア・スタックは、C、C++、TensorFlow、一部のRustアプリケーションなどの主要な組み込み言語もサポートしており、アプリ開発者はFabricアーキテクチャ用にコードを素早く再コンパイルできる。Efficient Computerは、Fabricのコンパイラは “初日からハードウェアと一緒に設計された”と述べている。

とはいえ、ソフトウェアの再コンパイルが必要なため、主流への導入が制限される可能性がある。すべてのアプリケーションを再コンパイルすることは、従来のコンシューマー機器にとって困難なことだ。そのため、少なくとも当初は、健康機器、民間インフラ監視、人工衛星、防衛、セキュリティといった特殊な分野、つまり消費電力の優位性が最も価値を持つ分野がターゲットとなる。

Fabricアーキテクチャは、並列コンピューティングへのユニークなアプローチを提示している。Efficient Computerは処理アーキテクチャの詳細について口を閉ざしているが、その説明は、ソフトウェア定義命令によってさまざまなワークロードに最適化できる、柔軟で再構成可能なプロセッサであることを示唆している。

Efficient Computerは、すでに匿名のパートナーと契約を結び、2025年初頭の量産シリコン出荷を目指していると報告している。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする