あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

DJIは、中国のドローンメーカーが軍事企業とみなされることに伴い、アメリカ国防総省(DoD)のブラックリストに掲載された。

本日、国防総省は、2021 会計年度の国防権限法セクション 1260H の法定要件に従って、米国で直接的または間接的に活動している「中国の軍事会社」の名前を発表しました。  

DoD

国防総省の決定は、同省が昨年から実際に行ってきたこと、つまり職員にDJIのドローンを買わせない、使わせないということを公式にしたものだ。

国防総省は2018年から、市販のDJI製ドローンを公務に使用することを禁止している。しかし、昨年、政府用として製造された2台のDJI製ドローンの調査により、「悪意のあるコードや意図は発見されず」「政府機関や米国のサービスに従事する勢力による使用を推奨する」とする内部報告書が発表されている。

この内部報告書がニュースになったことを受けて、DJIのドローンは昨年、「国家安全保障に対する潜在的な脅威」というレッテルを貼られた。

現在、国防総省が中国の政府や軍と密接な関係にあるとされる13の中国企業のリストにDJIを加えるなど、新たな局面を迎えているようだ。

既存の中国企業47団体に加え、中国企業13団体を追加した。

同省は、高度な技術や専門知識へのアクセスを確保することで人民解放軍の近代化目標を支援するPRC軍民融合戦略を強調し、対抗することを決定した。”民間団体に見えるPRC企業、大学、研究プログラムによって取得・開発されている。1260H項は、特に米国内で直接的または間接的に活動している軍民融合の貢献者の特定を開始するよう同省に指示している

同省は、適宜、追加の事業体でリストを更新し続ける。

米国政府は1260H条以外の権限でこれらの団体に追加措置を取る権利を留保する

DJIは、国防総省の措置に対し、直ちに声明を発表し、ブラックリストは不当であるとしている。

DJIは、ロシアとウクライナの紛争に当社のドローンを巻き込まないようにするため、ロシアとウクライナでの事業をすべて停止するなど、当社製品の軍事利用を明確に非難し、積極的に阻止する唯一のドローン企業として、独自の地位を築いています。国防総省の『中国軍需企業』リストにDJIが追加される理由はありません。

DJIは、リストに含まれるために法律で定められたどのカテゴリーにも該当しません。DJIは中国、米国、その他のどこにおいても軍需企業ではありません。DJIは軍事用機器を設計・製造したことはなく、どの国でも軍事用として製品をマーケティング・販売したことはない。その代わり、私たちは常に社会に貢献し、人命を救うための製品を開発してきました。

私たちは、リストへの掲載に正式に異議を申し立てる用意があります。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする