D-Wave、売上高と予約件数が前年同期比で急増

masapoco
投稿日 2023年8月12日 16:20
d waveinvestor press release image

商用量子コンピューティング・システム、ソフトウェア、サービス企業 D-Wave Quantumは、2023年第2四半期の決算を発表した。

D-WaveのCEOであるAlan Baratz博士は、次のように述べている:

「当社の第2四半期の業績は、今日の複雑な業務上の課題に対応できる実用的な量子コンピューティング・ソリューションに対する企業の関心と投資が高まっていることを示していると考えています。企業も政府も同様に、今日の市場に投入可能なアニーリング量子コンピューティング・システムが、ビジネスと国家競争力を促進する価値を認めているようです。私たちは、業界をリードする量子ハードウェアおよびソフトウェア・ソリューションと、アプリケーション開発を促進し、最近では、顧客の日常業務をサポートする実稼働シナリオにこれらのアプリケーションを準備するコンサルティング・プロフェッショナル・サービス・アプローチを通じて、この革新的な技術の力を活用するお手伝いをしています」。

最近の商業/ビジネスハイライト

  • 第2四半期中、Interpublic GroupやVINCI Energiesなどのフォーブス・グローバル2000企業や、Unisys Corporationなどの業界大手企業と多数の新規契約および既存契約の拡大を締結。
  • メディアや広告の最適化、産業建設、金融市場のパフォーマンス予測、輸送ロジスティクスなど、さまざまな新しい量子および量子ハイブリッド・アプリケーションで顧客と協力。
  • 2023年上半期の売上高は540万ドルで、2022年上半期に比べ370万ドル(209%)増加。
  • 第2四半期の予約1件当たりの平均契約規模(以下に定義)は前年同期比で136%増加、2023年上半期と2022年上半期を比較すると252%増加。
  • 現在の現金残高が5,000万ドルを超え、流動性が向上。

最近の技術ハイライト

  • 次世代量子コンピューティング・システム「Advantage2」の開発を継続し、最近、より高いコヒーレンスを実現する新しい製造スタックを用いた1,200量子ビットのプロトタイプ・プロセッサの製造に成功。Advantage2は、7,000量子ビット、20方向の接続性、性能向上のためのより高いコヒーレンスを特徴とすることが期待されている。
  • リープ・リアルタイム量子クラウド・サービスに新たな機能強化を導入し、主要顧客向けにハイブリッド・ソルバーのアルゴリズム更新による性能向上を図る。さらに、D-Waveと顧客双方のプロジェクト管理を合理化するため、Leapの組織管理変更を実施。

2023年度第2四半期財務ハイライト

  • 売上高:2023年度第2四半期の収益は170万ドルで、2022年度第2四半期の収益140万ドルから33万6,000ドル(25%)増加しました。当社のプロフェッショナル・サービス契約の性質上、プロフェッショナル・サービス契約に関連する収益認識のタイミングは期によって異なる可能性がある。
  • 予約:2023年度第2四半期の計上額は250万ドルで、2022年度第2四半期の計上額100万ドルから150万ドル(146%)増加した。これは5四半期連続で前年同期を上回ったことになる。
  • 平均契約規模:2023年度第2四半期、Dウェーブの予約1件当たりの平均契約規模は、2022年度第2四半期と比較して136%増加しました。同期間中、商業顧客からの予約1件当たりの平均契約規模は前年同期比163%増加した。
  • 顧客:直近の4四半期において、当社は68の商業用顧客(直前の4四半期では72の商業用顧客)を有し、商業用収益の合計は両期間で44%増加し、商業用顧客の平均取引規模は両期間で308%増加した。直近の4四半期では、収益を上げている顧客は合計115社で、直前の4四半期では合計116社であった。

Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • roblox career center
    次の記事

    Roblox、新たな仮想採用プラットフォーム「Robloxキャリアセンター」を公開

    2023年8月13日 7:30
  • 前の記事

    IonQ、予想売上高を上回る、2025年に64量子ビットのシステムを実現

    2023年8月12日 16:12
    ionq

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事