米国が入手したとする「地球外生命体の構造物」の報告をめぐって論争が巻き起こる

The Conversation
投稿日 2023年6月12日 17:46
ufo illustration

アメリカ政府が墜落したエイリアンの宇宙船とその乗員を密かに回収しているという主張は、ほとんど新しいものではない。戦後アメリカのUFO伝承や陰謀論にしっかりと根付き、UFO学で最も有名な「ロズウェル事件」という物語を生み出した。

しかし今、ジャーナリストのLeslie KeanとRalph Blumenthalは、ペンタゴンの承認を得て、この古くなった主張に新たな活力を吹き込んだのである。

科学技術ニュースサイト「The Debrief」の記事で、彼らは、米国政府、その同盟国、および防衛請負業者が、人間以外の起源を持つ複数の工芸品を回収したと報告している

さらに、この情報は、米国議会、UFOを調査するために2022年に米国国防総省が設立した全領域異常解決局、および一般市民に対して違法に隠されていると報告している。

その主張とは?

新しい主張の主な情報源は、元米国情報当局のDavid Grusch氏だ。

KeanとBlumenthalによって検証されたGruschの資格は、印象的なものだ。彼は国家地理空間情報局(National Geospatial-Intelligence Agency)と国家偵察局(National Reconnaissance Office)のベテランである。彼は、アメリカ政府の未確認飛行現象(UFOの正式名称)研究タスクフォースに両組織を代表して参加していた。

Gruschによると、回収された資料は以下の通りだ:

車両形態と材料科学テストに基づくエキゾチックな起源(地球外または起源不明の非人間的な知性)のもので、独特の原子配列と放射性シグネチャーを有している。

Gruschの主張は、国立航空宇宙情報センターで未確認航空現象の分析を担当するJonathan Greyによって支持されている。GreyはKeanとBlumenthalに語った:

非人間的な知性現象は実在する。私たちだけではありません[…]この種の回収は、米国に限ったことではありません。

その主張の信憑性は?

KeanとBlumenthalは、UFOに関する信頼できる実績ある記者だ。

2017年、The New York TimesにHelene Cooperとともに寄稿した彼らは、2200万米ドルのペンタゴンのUFO研究プログラムの秘密を明らかにした。その記事は、ステレオタイプ、スティグマ、センセーショナリズムを避け、UFOについて広く再考するきっかけとなった。

その後、米国の国防政策や世論における「UFOターン」のほとんどは、異常な飛行物体の画像や目撃証言に焦点を当てたものであった。しかし、KeanとBlumenthalは、異常な物体そのもの、さらには人間以外の乗員を話題にしたのであろう。

Debriefの記事の直後、オーストラリアのジャーナリストRoss CoulthartによるGruschへのインタビューが米国のニュースネットワークNews Nationに掲載された。このインタビューの中で、Gruschは、回収された機体の一部に「死んだパイロット」が含まれているとも主張している。また、情報担当の元国防副次官補Christopher Mellon氏も、透明性の向上を求める記事をPolitico誌に発表している。

これは、「説明のつかない空の上の出来事」よりもはるかに本質的なことが起こっていると、国民(および米国議会)に信じ込ませるための組織的な努力によく似ている。

国防総省の承認は?

Gruschは、自分の情報を発表する際、国防総省の規定に従っているようだ。KeanとBlumenthalがGruschについてこう書いている:

彼が私たちに開示しようとしていた情報を国防総​​省の事前公開および安全審査局に提供しました。彼の記録上の発言は、私たちに提供された文書の中で、2023年4月4日と6日にすべて「公開を許可」されています。

これはどういうことなのか。公開前審査とセキュリティ審査とは、国防総省が公開を提案された情報が、確立された国や国防総省の方針に準拠しているかどうかを確認し、それを判断する方法だ:

機密情報、非機密情報、輸出規制情報、作戦保安関連情報が含まれていないこと。

もしGruschの情報が本当なら、それは間違いなく「機密」であり「作戦安全保障関連」である。では、なぜペンタゴンはその出版を承認したのだろうか?

もし、Gruschの情報が虚偽であれば、それはおそらく機密情報にも作戦保安関連情報にも該当しないであろう。しかし、このことは別の問題を提起する。なぜペンタゴンは、自分自身に関する根拠のない陰謀説の出版を承認したのだろうか?

そうすることで、一般市民、ジャーナリスト、議会を誤解させる可能性が高い。また、国防総省が独自に取り組んでいる未確認航空現象問題の解明、すなわち「全領域異常解決局」の存在も危うくなる。

公式の否定

実際、全ドメイン異常解決室はNews Nationにこう語っている:

地球外物質の保有やリバースエンジニアリングに関するプログラムが過去に存在した、あるいは現在も存在するという主張を立証する検証可能な情報を発見していない。

Gruschは、このような明らかな無知について、次のように説明している。未確認航空現象の調査に関して、アメリカ政府の左手は右手が何をしているのか分かっていないのだ、と彼は言う:

複数の機関が、様々な監督官庁に適切な報告をすることなく、従来の秘密アクセスプログラムの中に[未確認航空現象]活動を入れ込んでいるのである。

Timothy Goodが1987年に発表したUFO調査に関する代表的な作品『Above Top Secret』でも、同様の官僚主義が描かれている。

入れ子化した活動と分離された知識

巨大な官僚組織の中で知識を隔離する「入れ子式」の未確認航空現象活動という概念は、Gruschの主張を興味深く、かつ(今のところ)検証不可能なものにしている。

もしそうであれば、「全領域異常解決室」のような未確認航空現象に焦点を当てた組織は、本格的に活動し、最高の情報に基づいて透明性のある報告を行うかもしれない。しかし、彼らの活動にとって不可欠な情報が奪われる可能性もある。

これでは、意味のある行動を印象づけるための広報に過ぎない。

私たちの多くは、未確認飛行現象を直接体験することなく、その情報に頼って信念を形成している。この情報がどのように作られ、どのように配信されるかを精査することは不可欠である。

この分野での米国政府の活動は、今後も続くだろう。下院監視委員会の委員長であるJames Comer下院議員は、Gruschの申し立てを受け、UFOに関する公聴会を開くと述べている。


本記事は、Adam Dodd氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Alien spacecraft allegations suggest the Pentagon has approved conspiracy theories – about itself」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • dragonfly eu1 phase01 cam05 se aerial
    次の記事

    ドイツ政府、Intelの現地半導体工場への補助金増額に応じない可能性

    2023年6月12日 18:39
  • 前の記事

    数学者は長年の未解決問題である「不変の部分空間問題」を解決したのか?それが持つ意味とは?

    2023年6月12日 14:32
    mathematics

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事