“画面に丸を描いて検索”するCircle to Search機能がPixel 8シリーズで展開開始

masapoco
投稿日
2024年2月1日 6:48

先日SamsungのGalaxy S24シリーズの発表と共に、Googleが披露した新たなAIによる検索体験の改善「Circle to Search」機能は印象的なもので、Galaxy S24のみならず、その後GoogleのPixel 8シリーズへの展開も予告されていたが、本日Googleはこの機能をPixel 8シリーズにリリースした事を発表した。

Circle to Search機能は、Googleアプリで画像検索と単語検索を組み合わせることができるGoogleのマルチ検索ツールをベースにしている。これにより、他のアプリを使用中に気になった物があれば、丸を描いてすぐに検索することが可能になる。

この新機能は、動画を見ているときやソーシャルアプリで画像を見ているときなど、頭に疑問が浮かんだときにGoogle検索を使うことをより自然にするのが狙いだと、Googleは考えている。例えば、誰かが韓国のコーンドッグを食べている動画を見ている場合、コーンドッグに丸をつけて、”なぜこれが人気なのか?”と尋ねることができる。

この機能は円だけでなく、他のジェスチャーでも利用できる。メッセージングアプリで友人とレストランについてチャットしている場合、アプリを離れることなく、レストランの名前をタップするだけでそのレストランの詳細を見ることができる。

Circle to Searchはまた、単語やフレーズの定義を簡単に調べることもできる。例えば、”prebiotic”と書かれた飲み物を紹介するビデオを見ていて、それが何を意味するのか、”probiotic “とどう違うのかがわからないとする。以前なら、その単語を検索するために、使っているアプリからブラウザに移動しなければならなかった。今は、ホームボタンかナビゲーションバーを長押しして「Circle to Search」を起動し、「prebiotic」をハイライトすれば、その単語について詳しく知ることができる。終了したら、スワイプして離れてビデオを再開するだけで良くなった。

言うなれば、Circle to SearchはGoogleの既存の統合検索機能を進化させたものだ。Pixel Phoneで上にスワイプしてマルチタスクの概要を表示すると、すでにテキストをハイライトしたり、画像をタップしてGoogle経由で検索することができる。Circle to Searchは、このプロセスをより直感的で見つけやすくするもので、アプリを途中で終了してから始める必要はなくなるのだ。ユーザー体験の向上という意味で、これは大きな進化と言えるだろう。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • palworld 01
    次の記事

    『パルワールド』が1900万プレイヤーを突破、Xbox Game Pass史上最大のローンチとなる

    2024年2月1日 8:39
  • 前の記事

    NVIDIA、今後のAIチップ需要を満たすためIntelから大量の先端パッケージング供給を確保

    2024年2月1日 6:12
    tsmc itri mram
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事