あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

WebブラウザのGoogle Chrome、およびMicrosoft Edgeにセキュリティ上の脆弱性が報告された。Google、Microsoftはこれに対して迅速に、それぞれが緊急アップデートをリリースしている

両ブラウザのユーザーは、できるだけ早く最新版に更新する必要がある

Googleは25日にセキュリティアップデートをリリース済み

現地時間3月25日、GoogleはWindows向けのGoogle Chrome Stableチャンネルにて、緊急セキュリティアップデート(バージョン99.0.4844.84)をリリースしている。MacとLinux版についても近日中にリリースするとのことだ。
 
脆弱性はゼロデイ攻撃の恐れに繋がる物であり、Googleはこの脆弱性CVE-2022-1096の存在を認識している、と公式ブログに記している。

Microsoft Edgeもアップデートをリリース済

またMicrosoftもその翌日となる現地時間3月26日に、Chromeと同じChromiumベースのWebブラウザであるMicrosoft Edgeについて、緊急セキュリティアップデート(バージョン99.0.1150.55)をリリースした。
 
Googleはどのような攻撃の危険性があるかなどの詳細は明らかにしていないが、Googleは危険性について「高」としているので、ChromeおよびMicrosoft Edgeのユーザーはできるだけ早く最新版にアップデートすることをお勧めする。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする