中国テクノロジー大手、AI開発のために50億ドル分のNVIDIA GPUを買いあさる

masapoco
投稿日 2023年8月11日 20:53
nvidia grace hopper superchip

Alibaba、Baidu、ByteDance、Tencentは最近、生成AIの研究開発に用いるための大量のGPU発注をNVIDIAに行った事が、Financial Timesの報道により明らかになった。

Financial Times)によると、中国企業はNVIDIAが米国による輸出規制を回避するために意図的に性能を落としたA800プロセッサを10万ユニット、10億ドル相当で発注したという。各企業は、今年末までに米国のチップメーカーからこの出荷を受け取る予定だ。さらに各社は、2024年に納品されるプロセッサーのために、累計40億ドルの追加発注も行っているという。

この問題を直接知る2人の従業員によると、ByteDance社はその野望を支えるために、少なくとも1万個のNVIDIA GPUをすでに備蓄していたという。また、同社は来年納品予定のA800チップを7万個近く発注しており、これは約7億ドル相当であると付け加えた。

A800プロセッサは、データセンターで使用されているA100プロセッサよりも性能が劣るものだ。そして、NVIDIAの最新のプロセッサであるH100プロセッサよりも大幅に性能が劣る物であることは注目に値する。米国政府が発表した輸出規制により、NVIDIAはA800プロセッサを中国企業にしか販売できない。

米国の輸出規制では、NVIDIAはチップ間転送速度が600GBps以下のプロセッサーの販売を許可されており、A800プロセッサーは除外されている。

さらなる規制の脅威とGPUに対する圧倒的な需要により、中国企業はAIニーズを満たすハードウェアを確保するためにGPUの在庫を積み増している。

生成AIの進歩に後押しされたGPU需要の高まりにより、専門家は2020年のようなGPU不足が再び起こるのではないかと懸念している。

現在、GPUの需要には限りがあり、NVIDIAが1日または1ヶ月に生産できるGPUの数に制約されている。あるNVIDIAの代理店は、A800プロセッサーの価格が「代理店の手元で50%以上上昇した」と指摘している。

AI分野に参入する企業が増えるにつれ、大規模な言語モデル(LLM)を実行するために必要なハードウェアを確保しようと奔走する企業が増え、Nvidiaへの大量発注が増えるかもしれない。

NVIDIAはこの報道について、以下のように声明を述べている:

消費者向けインターネット企業やクラウド・プロバイダーは、データセンター・コンポーネントに毎年数十億ドルを投資しており、多くの場合、何カ月も前に発注しています。

なお、この件について上記の中国企業はコメントしていない。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Google Pixel 8 Pro Audio Magic Eraser Leak
    次の記事

    Pixel 8 Proのプロモーションビデオがリーク、AIを使ったノイズ除去や新色ブルーカラーなどが明らかに

    2023年8月12日 7:16
  • 前の記事

    第2四半期、Intelは市場シェア23%増、AMDは5.3%減

    2023年8月11日 18:27
    CPU AMDとIntelの対峙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事