Brave、ウェブ検索クエリでMicrosoftのBingと提携を解消

masapoco
投稿日
2023年4月29日 12:33
Brave Browser Welcome Page

プライバシーに配慮した独自のWebブラウザと検索エンジンを開発するBrave社は、検索結果に独自のインデックスのみを利用する事と共に、これまで利用していたMicrosoftのBingインデックスを検索ソースとして使用しないことを発表した。

「Brave Searchで見られるすべてのWeb検索結果は、現在、私たち自身のインデックスによって提供されています。我々は、Bingへのすべての検索APIコールを削除しました」と、Braveはブログ投稿で述べている。このニュースに先立ち、Microsoftが検索APIを使用するサードパーティーのために莫大な価格上昇を導入していたが、Braveのブログでは、この値上げを “前代未聞”と呼んでいる。

Braveはブログ記事で、今週の発表以前は、Bingによる結果はBrave Searchの回答の約7%を生成していたに過ぎないと述べている。Braveは、サードパーティからの情報の使用から完全に解放されたいという願望の他に、MicrosoftがOpenAIと提携し、そのChatGPT技術をBing Chatで使用していることから、Bing Search APIの将来に対する懸念もあったとしている。

Bingを排除した今、Brave Searchは、少なくともデフォルトでは、独自のインデックスに全面的に依存する。Braveから十分な結果が得られないと感じるユーザーは、予備としてGoogleの検索結果をクエリに混ぜることが出来る。また、BraveのWeb Discovery Projectに参加することで、Braveのインデックス構築や、Gogglesツールによるランキング形成に役立てることが出来ると言う。

BraveはBrave Searchを「Bing以来最も急速に成長している検索エンジン」と主張し、1日の平均クエリが2200万に達したと共有している。Braveの野望は、新しいSummarizer AI検索を構築し、独自のBrave Search APIを開発することにもつながっている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • alone
    次の記事

    孤独の大切さ – なぜ一人でいる時間が、時にあなたのためになるのか?

    2023年4月29日 14:21
  • 前の記事

    抗生物質耐性菌は“雲”を通じて拡散する可能性が新たな研究から明らかになった

    2023年4月29日 10:47
    clouds
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • microsoft edge chromium

    Microsoft EdgeブラウザでRAMの消費量を制御出来る機能がテスト中

  • google chrome arm hero

    Google、“遥かに高速な”ArmネイティブなChromeブラウザを正式リリース

  • smartphone

    最近のWebの肥大化はエントリーレベルのスマートフォンが読み込むことの出来ないレベルにまでなっている

  • Windows 01 1.width 1000.format webp

    Google、Chromeブラウザにリアルタイム保護機能を導入へ

  • s30complexdom

    ブラウザベンチマークテスト「Speedometer 3.0」がリリース

今読まれている記事