BMWの「Dune Taxi」は電気自動車による四輪駆動の可能性を示すか

masapoco
投稿日
2022年9月20日 14:53
BMW Dune Taxi 1 1536x864 1

ドイツの自動車メーカーBMWは、同社の中東支社が公開した短いビデオクリップの中で、未来の可能性を切り開く4輪のオール電気自動車「Dune Taxi(デューン・タクシー)」を公開した。

BMWの「デューン・タクシー」

動画では、EVそのものの詳細はほとんど分からないが、動画内でボディにはカーボンファイバーに似た植物由来の素材「Natural Fibre Reinforced Polymer」が使われていること、536馬力を発揮することなどが語られている。

そして、映像の中盤でDune Taxiは、『X6Mコンペティション』とドリフト競演を果たす。

映像では、ラリーレーサーのAbdo Feghaliが運転するDune TaxiとRed Bull Driftbrothers X6が1対1で対決し、BMWのテクノロジーを披露しています。その後、電動4WDのX6に抜かれ、次のターゲットである砂丘「タル・モレブ」へと導かれていく。

傾斜50度の砂丘もDune Taxiには楽勝だ。このすさまじい登攀性能には思わず興奮することだろう。

しかし、BMW Blogの中で、中東支社のBMW広報担当者は、BMWが直ちにDune Taxiでオフロード・レースに乗り出す計画はないと述べている。むしろ、Dune Taxiそのものは、エンターテインメントだけを目的としたものだ。どちらかといえば、この映像はMカーの電動化で何が可能になるかを示すデモンストレーションとして使われる可能性がある。

なぜこのように後ろ向きな姿勢なのかというと、実はこのDune TaxiはBMWが制作した物ではないのだ。BMW Blogではこう述べられている。

確かに、このクルマは凄かったし、確かにかっこよく見えた。しかし、これはBMWのボディを使ったSpark Racing Technologyの電気レースカーであり、実際のBMWの製品ではありません。BMWには、EVデザートレーサーを作るためのバッテリー技術と電動パワートレイン技術があるのに、これは残念なことです。たとえSpark Racingと提携してシャーシを作り、BMWのバッテリーパックとパワートレインを搭載したとしても、少なくともBMWのエンジンが搭載されていたはずです。残念ながら、BMWのボディキットを装着したクールなレーシングカーに過ぎないのです。

Audiがオフロードラリーレースに参戦して、様々な技術を身につけていることを鑑みても、BMWは今後オフロードラリーレース用にこのようなものを作るべきとの意見も多い。実際にDune TaxiをBMW自身が形にしてくれることに期待したい物だ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • crucial ssd
    次の記事

    5年間のデータセンターでの運用結果によると、SSDは長期にわたってHDDよりも信頼性が高いことが示されたす

    2022年9月20日 15:55
  • 前の記事

    時速54kmで海を駆け抜けるジェット推進サーフボードが登場

    2022年9月20日 14:10
    kinetic option tko001 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • electric vehicle

    自動車会社は電気自動車の将来に悲観し始めている

  • Apple WWDC22 iOS16 CarPlay 220606

    Appleの自動運転車開発プロジェクトが終了し生成AIに注力へ

  • ethiopia

    エチオピアが内燃機関自動車を禁止する最初の国になる

  • Mercedes-Benzが人為的ミスにより驚異的な量の企業秘密やソースコードを全世界に公開してしまう

  • figure robot

    BMW、Figure製人型ロボットを工場に導入へ

今読まれている記事