あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

数ヶ月の間、待ち望まれていたBlueWalker-3が初めて配備された様子を見ることができる。

注目の新衛星が、あなたの上空に姿を現すかもしれない。だが、ASTスペースモバイルの新しい衛星BlueWalker-3と、夜空で最も明るいオブジェクトの間になる可能性がある。2022年9月10日にSpaceX社のFalcon-9ロケットでStarlink Group 4-2バッチと一緒に打ち上げられたBlueWalker-3は、同社が2024年末までに展開する110機のBlueBird衛星からなるメガコンステレーションの最初の衛星で、世界中で通信を行うために計画されたものだ。

BlueWalker-3は非常に大きいため、(ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡と同様に)打ち上げ時にはペイロードフェアリングに折りたたまれている。折りたたんだ状態では、反射型アンテナは8×8メートル(64平方メートル、689平方フィート)の大きさになる。次世代のブルーバード衛星は、さらに大きくなることが期待されている。

BW3 111422 2 768x512 1
Paul Maley氏が撮影した、夜空を横切る今をときめくBlueWalker-3の画像。(Credit: Paul Maley)

言うまでもなく、国際宇宙ステーションに匹敵する、夜空で最も明るい人工物体になる可能性を秘めているのだ。BlueWalker-3がFalcon-9上段から分離されると、ボランティアの「衛星監視員」がBlueWalker-3を追跡するために警戒を行った。展開前の初期の観測では、衛星は肉眼では見えない+6〜+8等星に位置していた。そして、11月11日の朝、衛星ウォッチャーは警報を発した。BlueWalker-3はついに展開し、100倍の+1等星まで明るくなったのだ。これは国際宇宙ステーションのマイナス等級の範囲ではないが、それでもかなり明るい…そして我々は、この衛星が高角度の天頂通過でどれだけ明るくなるかをまだ見ていないのだ。

BW3 11122002 1 768x512 1
満月に近い月がBlueWalker-3とバトルする。(Credit: Paul Maley)

さらに悪いことに、BlueWalker-3とその仲間たちは、電波の分野でも影響を及ぼす可能性がある。BlueWalker-3の目的である衛星と電話の直接通信は、天文電波観測にも影響を与える可能性があるのだ。

PXL 20221111 131441067 2 768x498 1
BlueWalker-3が北斗七星に新しい「星」を追加。(Credit: Matthew Goodman/Exclosure/Space Situational Awareness.)

もちろん、光害による夜空の劣化は今に始まったことではないが、SpaceX社のStarlinkのようなメガコンステレーションの増加は、夜空に点滅する人工的な「星」の数を飛躍的に増加させている。ASTMobileに加え、OneWebやSwarm TechnologiesのSpaceBeeも積極的に衛星コンステレーションを立ち上げており、さらに多くの衛星コンステレーションが登場する予定だ。

前述したように、私たちはこの件に関してニュアンスの異なる見方をしている。直接衛星リンクによって、ユーザーが荒野のテントから接続し続けられるのであれば、それはプラスだ。それでも、環境に影響を与える可能性のあるテクノロジーが、監視なしに前進することはあってはならないのだ。国際天文学連合(IAU)の2019年の声明も、この状況について同じような感想を述べている。

ann19035b 768x512 1
ドイツ上空を駆け抜けるStarlink (Credit:  IAU/Eckard Slawik)

では、どうすればいいのだろうか?私は、自分が見たものを記録し、衛星の星座が夜空に与えている影響を記録することを固く信じている。このような光害活動は、衛星が通過するのを見て、その明るさを恒星と比較し、見たものをオンラインに投稿するという単純なものだ。

BlueWalker-3は、今週末の11月19日(土)の夕方から、現在の周期で再び通過を開始する予定だ。衛星は503×519kmの軌道を回っており、COSPAR ID 2022-111AL/53807としてカタログに掲載されている。Heavens-AboveのトップページにBlueWalker-3へのリンクがある。

人工の星が本物の星を凌駕するような、不思議な夜空の光景が上空に広がるかもしれない、勇敢な新世界なのである。


この記事は、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする