あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Bill Gate氏、OpenAIのGPTはここ数十年で最大のテクノロジーのブレークスルーであると述べる

Microsoft創業者のBill Gates氏は、人工知能(AI)の開発が、ここ数十年で最も重要な技術的進歩であると、自身のブログ投稿の中で述べている。

Gates氏は、OpenAI(チャットボット「ChatGPT」を動かす人工知能を開発した非営利団体)と2016年からミーティングを重ねていたという。そして2022年、OpenAIに、試験問題の訓練を受けずにアドバンスト・プレースメント(AP)生物学の試験に合格できるAIモデルの開発に挑むようにアドバイスしたとのことだ。同氏は、この試験に合格するために必要な批判的思考が、この分野における明確なブレークスルーとして認定されると考えていた。

Gate氏は、「この挑戦は、2~3年は彼らを忙しくさせると思いました」と書いている。「ですが、彼らはわずか数カ月でやり遂げたのです」

OpenAIのGPTモデルは、独立した外部の専門家による評価で、AP生物学試験の多肢選択式セクションで60点中59点を獲得し、自由形式問題でも優秀な成績を収めたと、彼は書いている。

さらに、病気の子供を持つ父親に何を言うべきかという質問に対して、AIの回答が「その場にいた私たちのほとんどが答えたであろう答えよりも、おそらく良いものであろう」と答えている。

Gates氏は、OpenAIのGPTの進歩を目の当たりにした際に受けた自身の驚きをこう綴っている。「体験のすべてが衝撃的でした。グラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)登場以来、最も重要な技術の進歩を目の当たりにしたのだと思いました。…やがてAI以前の時代は、コンピュータを使うということが、画面をタップすることではなく、C:>プロンプトでタイプすることだった時代と同じくらい遠いものに思えるでしょう」

Gates氏はAIを「マイクロプロセッサ、パーソナルコンピュータ、インターネット、携帯電話の誕生と同じくらい基本的なもの」と呼んでいる。「それは、人々の仕事、学習、旅行、健康管理、コミュニケーションの方法を変えるでしょう」

さらに、「業界全体がこれを中心に方向転換していくでしょう。企業は、それをいかにうまく使うかで差別化されるでしょう」

彼の投稿は、MicrosoftやGoogleなどが、意図しない結果を避けるための予防策を講じながら、新しいAI技術を市場に投入しようと競争している最中に行われた。Googleは本日、Bard検索チャットボットの公開テストを開始し、MicrosoftはOpenAIのDALL∙Eをベースにした新しい画像作成ツールをリリースした。

Gates氏は、全体的な生産性を向上させるAIの可能性に言及し、先週、MicrosoftのCEOであるSatya Nadella氏が、Microsoftの主要Office製品に新しいAI統合をプレビューした際のコメントと呼応している。

彼は、抽象的な推論を必要とする質問に対する不正確な回答など、AIの問題点を認めながらも、多くの問題は「2年以内にほぼ解決し、もっと早く解決する可能性もある」と楽観視しているようだ。

また、AIが暴走するリスクを取り上げ、「機械が人間を脅威と判断したり、自分の利益と私たちの利益が異なると結論づけたり、あるいは単に私たちのことを気にしなくなったりする可能性はないだろうか」と述べている。「可能性はあるが、この問題は、ここ数ヶ月のAIの発展以前と比較して、今日、緊急性はない」とも指摘する。

慈善活動分野では、グローバルヘルスにおいて、Gates氏はAIが医療従事者の事務処理やトリアージなどの基本的な仕事を処理し、医学のブレークスルーのペースを「劇的に」加速させると見ている。これは、先日Microsoftが医師の日常業務支援のためにリリースしたヘルスケアクラウドへのAI搭載と呼応するものだろう。

教育分野では、Gate氏は小論文のカンニングに対する懸念を認めている。「GPTで初稿を作成させ、それを生徒が自分好みにアレンジするなど、テクノロジーを上手に取り入れた教師の話を聞いたことがある」と述べている。
彼は、AIの進歩が世界中で公平に利用できるようにすることの重要性を挙げ、その結果を市場原理に任せてはいけないと述べている。

「信頼できる資金と適切な政策があれば、政府や慈善団体は、AIが不公平を減らすために使用されることを確実にすることができます」

「世界が最大の問題に焦点を当てた最も優秀な人材を必要としているように、世界最高のAIを最大の問題に焦点を当てる必要があるでしょう」


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする