あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Microsoftの共同創業者であり、OpenAIの初期からの支援者であるBill Gates氏は、生成AIの進歩が頭打ちになっていると感じており、GPT-5はGPT-4と比べて飛躍的な進歩は望めないだろうと考えている事を、ドイツのビジネス誌「Handelsblatt」とのインタビューで述べている。

Gates氏は、GPT-2からGPT-4への飛躍は「信じられないほど」のものだったが、GPT技術は頭打ちに達したと考えているようだ。そう考える理由が数多くあるとしているが、また、自分の見解が間違っている可能性もあると認めている。OpenAIの人々がGPT-5について考えていることとは対照的に、現在の生成AIは限界に達していると彼は信じているようだ。

それでもGates氏は、現在のAIシステムには大きな可能性があると見ている。特に、高い開発コストとエラー率を削減し、信頼性を向上させることができれば、経済的にも社会的にも大きな意味があるだろう。Gates氏は、今後2~5年でこのことが実現し、生成AIが医薬品開発や健康アドバイスなどの医療用途に利用可能になると考えている。

Gates氏は、AIチップに関してはNVIDIAが絶対的な優位性を持っているとは考えていない。今、誰もがNVIDIAのチップを欲しがっているのは事実だが、Gates氏によれば、Google、Microsoft、Amazon、その他5〜10社が競合製品を開発しており、早晩状況は変わってくると予想している。

「これらの半導体はすべて、専門企業が同じチップツールを使って作っています。AMD、Amazon、Google、Microsoftのいずれのチップであろうと、入手可能性の問題は解決されるでしょう」とGates氏は言う。OpenAI自身も独自のAIチップの開発も検討していると言われている

AIのコストと信頼性について尋ねられた際、Gates氏は、NVIDIAの一部のAIチップが1個あたり約30,000ドルであり、膨大な計算能力を持ち、多くのエネルギーを消費することを認めた。「大規模な言語モデルをトレーニングするのはかなり高価です。しかし、実際の使用コストはかつて1クエリあたり10セントでした。今日ではおそらく3セント程度です。コンピューティングパワーや半導体のコストは依然として莫大です」と述べている。

Gates氏は、現在のAIがブラックボックス化している事についても触れ、AIが情報をどのように暗号化するかを理解することがマイルストーンになると述べている。Gates氏は、多くの人々がすでにそれを解読する作業に取り組んでいると述べている。彼はこの課題が「今後10年」で完全に解決されると考えている。

汎用人工知能(AGI)については、それがいつ到来するかは分からないとGates氏は述べている。彼は、AGIが人類にとって画期的な発展になる可能性があるとも述べている

彼は、AIが医療分野に利益をもたらす可能性についても語っている。彼は、AIが薬やワクチンの開発をより迅速に進めるのに役立つと述べている。信頼性の問題が存在するにもかかわらず、Gates氏はこれらの分野でAIが不可欠になると見ている。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする