Appleの噂の電気自動車は、2026年に10万ドル未満での発売になり、もはや完全な自動運転ではない可能性

masapoco
投稿日
2022年12月7日 18:54
Apple WWDC22 iOS16 CarPlay 220606

徹底して秘匿されており、開発の噂話くらいしか出て来ないAppleの開発するEV「Apple Car」だが、新しい噂によると、Appleは発売を2026年に延期し、価格は10万ドル未満になり、機能も当初噂された「完全自動運転」は実現されない見込みだという。

Bloombergの情報筋によると、コードネーム「Project Titan」と呼ばれるこのEVは、もはや完全な自動運転機ではないようだ。従来のホイールとペダルを搭載し、高速道路での自動運転「のみ」になると伝えられている。また、同社は発売を2026年にすると、情報筋は述べているようだ。

噂の車は、高速道路でゲームをしたりビデオを見たりできるほどの自律性を提供すると思われるが、市街地や悪天候の中を運転する時にはコントロールを求められる。Appleは、最初に北米でハンズフリー技術をデビューさせ、時間をかけてこの機能の対象を拡大するようだ。

Project Titanは何年も前から開発されており、大きな戦略の転換だけでなく、数々の挫折を味わってきた。Appleは2015年の時点で疑念を抱いていた可能性があり、2016年にはライセンスを受けた自動運転プラットフォームを優先し、同車両を頓挫させたと言われている。噂によると、同社は本格的な車両を作ることに戻ったものの、既存の自動車メーカーから生産支援を得ることにはほとんど成功しなかったという。

レベル5の完全な自律性(どんな状況でも自動車が自分で運転できること)はまだ現実的ではないだろう。特に法的な許可の問題もある。たとえAppleが技術的な課題をすべて解決したとしても、本当に運転しなくてもいい車をすぐに販売することは現実的に不可能だ。

半自律設計に切り替えると、競争が激しくなる可能性がある。Teslaは長い間Appleの主要なライバルとみなされてきたが、EV市場は近年急速に成長している。Ford、Toyota、Volks Wagen、Rivianといったブランドが、いずれも高性能な電気自動車を製造している。Appleは激戦区に参入することになり、同社が際だった成果を見せられる保証はどこにもないのだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • echo show 15 fire tv
    次の記事

    Amazon、Echo Show 15をFire TV化する機能を正式リリース

    2022年12月8日 5:48
  • 前の記事

    AirPods Pro 2の販売により、Appleのワイヤレスイヤホンの世界市場シェアは、Samsungの3倍以上を占めている

    2022年12月7日 18:43
    Apple AirPods Pro 2nd gen hero 220907
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事