あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

The Informationの報道によると、AppleはChatGPTのような革命的なツールを動かす大規模言語モデル(LLM)の出現により、AIの機能とイノベーションに追いつくことが困難になっているとのことだ。AppleのAIチーフであるJohn Giannandrea氏は、2018年から、同士が離脱したGoogleのような企業との競争力を高めるために活動している。しかし、AppleのAIに対するアプローチは保守的で、OpenAIやMicrosoft、Googleなどの企業で見られる野心的な実験やイノベーションとは異なり、主にiPhoneの機能における実用的なアプリケーションに焦点を当ててきた。

Appleの最近のAIに対するアプローチは、GoogleやMicrosoftといった競合他社のそれとは異なっている。GoogleがBardのような製品に力を注ぐために自らを再編していたり、MicrosoftがBingからWord、GitHubに至るまで、ChatGPTと関連するAI機能をさまざまな製品に注入している事に対して、Appleは比較的保守的で、AIや機械学習をユーザー体験を向上させるためのツールとして利用することを求めており、何かを行う方法を真に改革したり、既存の産業を破壊したりすることは考えていない。

The Informationの情報源によると、Appleの上級幹部は、ChatGPTやその同類が行ったような恥ずかしい事実誤認や動揺した行動をSiriのような製品が見せることを恐れ、同社のAIグループ内の積極的な取り組みにブレーキをかけたり、少なくとも抑制したりする例を数多く挙げている。Appleが事実上エラーを出さないことを重視するのは理解できるが、競合他社に追いつくには十分ではないかも知れない。

これに対し、社内のエンジニアは、Appleは奇妙なエッジケースや事実誤認にもっと寛容であるべきだと考えており、純粋に改善するためには、ある種の規模や快適さが必要だと述べている。

Appleが、急進的な新しいAIイノベーションにおいて、大手ハイテク企業の競合他社に遅れをとっていることは明らかだが、同社のソフトウェアやデバイスには、小さいながらも意味のある方法でユーザー体験を向上させるAI駆動の機能がたくさんある。Appleの保守的なアプローチは、特に外部性を最小限に抑えるという点では、長い目で見れば正しい行動かも知れない。しかし、The Informationは、GoogleやMicrosoftなどと競争しようとするAppleの頭脳流出が、同社の破滅につながる可能性があると警告している。

Appleは、より高速な応答時間を可能にし、ユーザーのプライバシーに対する同社の公約を守るために、ユーザーのローカルデバイス上でAIや機械学習機能を実行することにますます重点を置いているようだ。同レポートによると、LLMは通常クラウド上で動作するため、最終的にローカルデバイスで同じように動作するかどうか疑問視する声もある。しかしながら、Appleのエンジニアはすでにいくつかの主要なLLM駆動機能の開発に着手しており、同社は来年のiOSアップデートでそれらを導入したいと考えている。

また、歴史的に保守的なアプローチをとってきたAppleが競争できるかどうか、コメンテーターが疑問を呈していることにも触れている。しかし、このすべてがどうなるかを知るには、まだ早すぎる。Appleはこれまで他の野心的なイノベーターが墜落し、炎上し、他の人を巻き込んでしまった後の残骸を拾い上げることで、同社は最大の成功を収めることができたからだ。今回もその流れで生き残れるかが焦点になるだろう。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする