Apple Vision Proの詳細スペックが公開、画面リフレッシュレートは最大100Hz等が明らかに

masapoco
投稿日
2024年1月20日 7:13
Apple Vision Pro availability profile

Appleは、その発表から半年、ついに「Vision Pro」のスペックの多くを明らかにした。

まず、ストレージだが、容量は256GB、512GB、1TBの3つのストレージ構成が選べるようだ。現時点では、スペックシートによると、すべてのユニットに共通で16GBのユニファイドメモリが搭載されているため、iPadのようにストレージの構成によってRAMの容量が異なるということはないようだ。

最も注目すべきは、「ディスプレイ」の詳細が明らかになったことだ。Appleによれば、マイクロOLEDテクノロジーを採用した2300万ピクセルのディスプレイだという。ディスプレイのピクセルピッチは7.5ミクロンで、DCI-P3色域の92%をカバーしている。

リフレッシュレートは、ハイエンドのVRヘッドセットとしてはかなり標準的だ。Appleによれば、コンテンツに応じて90Hz、96Hz、100Hzの可変リフレッシュレートに対応するようだ。

M2プロセッサーは現行のMac miniに搭載されているM2プロセッサー、構成としては8コアのCPUと10コアのGPUを搭載したものだ。

その他のスペックについては、メインカメラは “6.5ステレオメガピクセル”。2つの高解像度メインカメラ、6つのワールドフェイシング・トラッキング・カメラ、4つのアイトラッキング・カメラ、TrueDepthカメラシステム、LiDARスキャナーがある。

その他のセンサーとしては、4つの慣性計測ユニット、フリッカーセンサー、環境光センサーが搭載されている。

Optic IDは、ユーザーの虹彩ベースの生体認証を使用する。ユーザーを保護し認証する方法は、FaceTimeと非常によく似ている。

オーディオスペックシートには、空間オーディオとヘッドトラッキングを備えたスピーカーが搭載されていること以外、具体的な仕様は書かれていない。しかし、指向性ビームフォーミングを備えた6つのマイクアレイを搭載しており、MagSafe充電ケースと一緒に出荷されたリフレッシュされた第2世代AirPods Proと同様に、今のところH2対H2の接続が必要であることが文書に明記されている。

接続はWi-Fi 6とBluetooth 5.3で行われる。

バッテリーなしの本体重量は650グラムだ。

その他同梱物だが、Apple Vision Proには、Solo Knit BandとDual Loop Bandが同梱される。Apple Vision Proには、Solo Knit BandとDual Loop Bandが同梱される。事前の情報では、30分程度で汗をかき疲労を訴えたとの話もあり、状況に応じてバンドを選択できるようになっているようだ。

その他、ライトシールとライトシールクッションが2つ入っている。

また、前面用のApple Vision Proカバー、Appleポリッシングクロス、バッテリー、USB-C充電ケーブル、USB-C電源アダプタも入っている。

その他の技術的な詳細については、実際の使用と分解によって明らかになるだろう。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • google logo smartphone
    次の記事

    Google検索の結果に過去最悪レベルの質の低下が見られることが長期にわたる研究の結果明らかになった

    2024年1月20日 8:39
  • 前の記事

    TSMC、アリゾナ工場の稼働を2027年以降に延期

    2024年1月20日 6:45
    TSMC Arizona December 2022
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事