Apple、スイスの果物会社にリンゴのロゴマークの使用を取りやめさせるために訴訟を起こす

masapoco
投稿日
2023年6月20日 10:33
apple store beijing

Appleは、商標や知的財産(IP)に関して、厳しいことで有名だが、時にそれがやり過ぎの域に達することもあるようだ。

Wiredの報道によると、Appleは111年の歴史を持つスイスの果物会社にロゴを放棄させる訴訟を起こしたという。100年以上前に設立されたFruit-Union Suisse社は、赤いリンゴのロゴとスイスの国旗を示す白い十字架のロゴを採用している。しかし、提訴された裁判に敗れた場合、同社はこの歴史あるロゴの変更を余儀なくされてしまうのだ。

Fruit-Union Suisseのディレクター、Jimmy Mariéthoz氏はWiredにこう語った:

「なぜなら、彼らがかじったリンゴを守ろうとしているのとは違うからです。彼らの目的は、実際のリンゴの権利を所有することであり、それは私たちにとって、ほとんど普遍的なものであり、誰もが自由に使えるべきものです。

私たちは、リンゴの視覚的表現、つまり視聴覚的なもの、新しい技術やメディアと結びついたものが、影響を受ける可能性があることを懸念しています。これは、私たちにとって非常に大きな制約になります。理論的には、リンゴを使った広告を出すたびに、危険な領域に入っていく可能性があるのです」。

Appleがこのような策を講じようとしたのは、今回が初めてではない。スイス知的財産研究所(IPI)によると、AppleはGranny Smithというリンゴの白黒イラストを申請した。この申請は昨年、スイス当局によって部分的に承認されたが、当局はリンゴのような一般的な画像はパブリックドメインであると指摘した。しかし、Appleは2023年4月にこの決定に対して不服を申し立てた。さらに、世界知的所有権機関の記録によると、Appleは日本、トルコ、イスラエル、アルメニアなど他の国でも同様の商標出願をしている。

Appleは過去にもスイスで積極的な活動を行っており、同社には現在の積極的な活動に繋がる成功体験がある。2010年、Appleはスイスの小さな食料品店協同組合に、リンゴのロゴにバイトマークを付けないことを宣言する法廷外協定に署名させた。しかし、すべての判決がAppleに有利に働いたわけではない。2012年には、Appleが、同社のOS上で用いられている時計のデザインが、スイスの鉄道時計のデザインをコピーしたことが証明され、Appleはスイス連邦鉄道に約2,000万ドルを支払うことを余儀なくされた。

現実問題、パブリックドメインで自由に使えるはずの一般的な言葉や画像を商標登録しようとする技術系企業が増えている。しかし、Appleは、商標の出願に関しては、異なる次元に立っている。Tech Transparency Projectのレポートによると、AppleはMicrosoft、Facebook、Amazon、Googleの合計よりも多くの商標を出願しているのだ。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • AV1 コーデックロゴ
    次の記事

    IntelとNetflixによるSVT-AV1エンコーダが最新版でパフォーマンスが40%向上を見せる

    2023年6月20日 10:53
  • 前の記事

    人類の地下水くみ上げによって、地球の地軸の傾きが変化している事が判明

    2023年6月20日 10:08
    earth globe
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事