iOS 16.0及びiPadOS 16.0等の第5弾ベータ版が開発者向けにリリース – バッテリーパーセンテージ表示が復活

masapoco
投稿日 2022年8月9日 6:43
Apple WWDC22 iOS16 3up hero 220606

Appleは、現在開発中のiOS 16.0、iPadOS 16.0の第5弾ベータ版を開発者向けにリリースした。

iOS16.0の第4弾ベータ版が7月28日(日本時間)にリリースされたので、それから約3週間での第5弾ベータ版リリースとなる。

あわせて、tvOS 16.0、およびwatchOS 9.0も第5弾ベータ版がリリースされている。

最新のビルドは、テストプログラムに登録している場合はApple Developer Centerを介してダウンロードするか、以前のベータビルドを既に実行しているデバイスの無線アップデートからダウンロードする事が出来る。

今回、iOS16.0 ベータ5では、以下の機能が追加されている。

iPhoneのバッテリー残量にパーセンテージ表示が復活

[設定] >[バッテリー] の項目に移動した後、新しい [バッテリーのパーセンテージ] オプションをオンにすることで、パーセンテージ表示が有効となる。

パーセンテージ表示が有効になると、バッテリー アイコンの中にパーセンテージが表示されるようになる。また、iPhone が低電力モードの場合もバッテリー アイコンは黄色に変わるが、パーセンテージは引き続き表示される。充電中の場合は、横に小さな充電アイコンが付いたパーセンテージが表示されるようになる。

スクリーンショットを「コピーして削除」

スクリーンショットを撮り、左下隅のプレビューをタップしてから「完了」をタップする「コピーして削除」の項目が表示されるようになった。

この新しい「コピーと削除」機能により、スクリーンショットを簡単にスナップしてクリップボードにすばやく保存できる。その後、電子メールや iMessage など、必要な場所に画像を貼り付けることが簡単になった。また、写真ライブラリがスクリーンショットで雑然とするのを防ぐのにも役立ってくれる。

その他、主にバグ修正や、パフォーマンス向上がメインとなっている模様。

パブリックベータも既に配信されており、秋に正式リリースの予定だ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Apple WWDC22 macOS Ventura 3up addl features 220606
    次の記事

    AppleがmacOS Ventura 13.0の第5弾ベータ版を開発者向けにリリース

    2022年8月9日 6:47
  • 前の記事

    Galaxy Z Fold 4 及び Galaxy Z Flip 4の詳細仕様が発表前にリーク

    2022年8月9日 5:56
    Samsung Galaxy Z Fold 4 1659960715 0 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事