iOS 15.5及びiPadOS 15.5等、第4弾ベータ版が開発者向けにリリース

masapoco
投稿日 2022年5月4日 5:49
iOS 15

Appleは、現在開発中のiOS 15.5、iPadOS 15.5の第4弾ベータ版を開発者向けにリリースした。

前回の開発者向けベータ3は現地時間4月26日に提供されていたので、それから1週間後のベータ4提供となる。

あわせて、tvOS 15.5、およびwatchOS 8.6もベータ版をリリースしている。

最新のビルドは、テストプログラムに登録している場合はApple Developer Centerを介してダウンロードするか、以前のベータビルドを既に実行しているデバイスの無線アップデートからダウンロードする事が出来る。

iOS 15.5のベータ版で発覚したのは、「Apple Classical」アプリへの言及のほか、ホームアプリのアップデートでHomePodのWi-Fi信号インジケータが表示されたり、ウォレットアプリでApple Pay Cashのリクエストボタンと送信ボタンが表示されたりしたことが挙げられる。

iOS15.5ベータ4のアップデート内容は不明だが、主にバグ修正や、パフォーマンス向上が行われているようだ。

パブリックベータの利用もまもなく可能となる模様。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • macOS Monterey
    次の記事

    AppleがmacOS Monterey 12.4の開発者向けベータ4をリリース

    2022年5月13日 9:44
  • 前の記事

    Amazon KindleがついにEPUBをサポート – 2022年後半に対応予定

    2022年5月4日 5:47
    Kindle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事