あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleが今期の決算を発表したが、ここ数年の止まらない成長から一転して下落に転じた。同社は、景気後退と中国工場問題の両方が業績に影響を与えたと、売上高減少の原因を報告している。

Appleの2022年12月期の売上高は1171億5000万ドルとなり、過去最高を記録した2022年第1四半期の1239億ドルから減少した。同四半期の1株当たり利益は1.88ドルで、1年前に見られた2.10ドルから減少している。売上高が減少したのは、2019年以降で初となる。

52751 105636 2023 q1 apple revenue net profit
Appleの四半期ごとの売上高と純利益の推移 (Credit: Apple)

2023年第1四半期決算は、901億5000万ドル、1株当たり利益1.29ドルを獲得した2022年第4四半期決算に続くものである。

決算発表前のApple株に関するウォール街の予測では、平均売上高が1,212億ドル、EPSが1.94と予想されていた。

期間中の粗利益は503億ドルで、4四半期前の542億ドルから減少し、営業費用は2022年第1四半期の127億ドルから2023年第1四半期の1430万ドルに変化している。純利益は299億9800万ドルに達し、346億ドルから減少した。

52751 105637 2023 q1 apple revenue gross margin
Appleの四半期売上高と粗利益 (Credit: Apple)

年末年始は、iPhone 14シリーズ、Apple Watch Series 8、Apple Watch SE Gen 2、Apple Watch Ultra、第2世代AirPods Pro、第6世代iPad Pro、第10世代iPad、第3世代Apple TVなど、同社の多くの主力製品の更新が例年通り行われ、その恩恵を受けた。

稼ぎ頭であるiPhoneの収益は657億ドルで、前年同期の716億ドルから減少している。決算前の推測では、アナリストは製造工場の問題がProモデルのiPhoneの出荷に影響し、一部の販売が3月期にずれ込んだと見ている。

52751 105638 2023 Q1 Apple iphone revenue
AppleのiPhoneの売上高の経年変化(2023年第1四半期まで) (Credit: Apple)

Macの売上は、108億ドルに対して77億4,000万ドルと前年同期比で減少している。iPadの売上は、前年の84億ドルから94億ドルに増加した。

ウェアラブル、ホーム、アクセサリーは137億ドルから134億8000万ドルに達し、前年同期比で減少した。同社の業績にはいくつかの明るい点があり、それはサービス事業が195億ドルから207億7,000万ドルへと成長を見せたことと、インストールベースのアクティブデバイスが20億台以上を達成したことである。

AppleのTim Cook CEOは、「私たち全員が厳しい環境を乗り越えていく中で、過去最高の製品とサービスのラインナップを揃えることができたことを誇りに思います。これまで通り、長期的な視点に立ち、すべての行動において当社の価値観でリードしていきます」と述べている。

52751 105639 2023 Q1 Apple services revenue
Appleの四半期サービス収入 (Credit: Apple)

Cook氏は決算説明会で、収益に影響を与えたのは主に3つ、「厳しいマクロ経済環境」「為替の問題」「COVID関連の供給制約でiPhone 14 ProとPro Maxモデルの出荷時期が遅れたこと」だと述べている。「生産は現在、我々が望むところに戻っている」と付け加えた。

Appleの減収は、テック業界の全般的な不振に沿ったもので、Metaは前年比4%減の収益を報告したばかりだ。Alphabetも今期は成長が鈍化しており、Microsoftは売上高は上昇したものの、収益は予想を下回り、12パーセントの減益になった。景気低迷の中、ハイテク企業は従業員のかなりの部分をレイオフしているが、Appleは今のところ同様の動きはないようだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする