あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple、AIサーバーに7000億円以上を投資する可能性

Appleは次期iOS 18において、生成AIによるSiriの大型アップデートを計画している事は既にお伝えしたが、出遅れた同社がこの遅れを挽回するために莫大な金額を投資している可能性が、アナリストのMing-Chi Kuo氏によって報じられている。

Appleは生成AIトレーニングのためにAIサーバーに多額の投資を計画している

Ming-Chi Kuo氏によると、Appleは今年少なくとも6億2,000万ドルをAIサーバーに費やしたが、止めるつもりはないと予想している。同社は生成AIの取り組みを強化するため、AIサーバーをさらに増強させる計画だ。

Kuo氏によると、Appleは来年、AIサーバーに47億5,000万ドル近くを費やし、AIを中心とした生成的なタスクを実行できるようにするという。この件に関しては、BloombergのMark Gurman氏もAppleがGoogleやMicrosoftにAI競争で打ち勝つためには、数十億ドルを費やす必要があると主張していた。既にこの両社は生成AIに多額の投資をしており、最新の製品にこの技術を使用している。

Microsoftは、OpenAIのChatGPTプラットフォームに100億ドルを投資した。ChatGPTは、文脈に沿ったタスクを理解し、アイデアを生み出すことができる大規模言語モデルである。同社はこの数カ月でiOSとAndroid向けの公式アプリをリリースし、記録を塗り替えたほどだ。一方、Googleは、ChatGPTと同様に動作する、生成AI技術を使用した大規模言語モデル、Bardの開発に取り組んでいる。そしてGoogleはこの生成AIを用いてGoogleアシスタントの大型アップデートを計画しており、最新のPixel 8シリーズで近く提供する予定だ。

Kuo氏によると、Appleは今年2,000~3,000台のサーバーを購入する可能性があり、これはまずまずのスタートだという。来年、Appleは取り組みを強化し、2万台ものサーバーを購入するだろう。Kuo氏のさらなる推測によると、AppleのAIサーバーは、NVIDIAのHGX H100 8GPUを使用してAIトレーニングを実施するとのことだ。そして来年には、プロセスをさらに強化するために、H100からB100に切り替える可能性がある。最終的には、H100は1基あたり約25万ドルもするため、同社はコスト削減のためにカスタムサーバーチップを開発することができる。

AppleがMicrosoftやGoogleに対抗するには、生成AIへの取り組みを強化しなければならない。そしてこれはまた、同社が既存の競合企業のレベルに達するには、彼らが費やした以上の金額を費やす必要もあるだろう。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする