あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

4年以上にわたる調査の結果、米司法省はAppleを反トラスト法違反の疑いで提訴する準備を進めているとのことだ。関係筋がBloombergに語ったところによると、司法省は今年第1四半期、可能性として3月にも提訴することを検討しているという。しかし、司法省の反トラスト法最高幹部がまだ訴状に署名していないため、時期がずれる可能性もある。

Appleは反トラスト法違反の主張に対し、どの市場でも独占はしていないと主張し、抗弁してきた。しかし、今回の広範囲にわたる調査は、Appleがクラウドゲームサービスを許可していないこと、AirTagとiPhoneの統合方法、Apple製デバイスへのiMessageの独占など、新たな分野にも及ぶと見られている。

2019年、米下院司法委員会がSpotifyに対し、Appleの反競争的行為の疑いや、それがSpotifyのビジネスにどのような影響を与えたかに関する情報を要求したことから、この戦いは幕を開けた。Spotifyは、Appleがあらゆる機会に不当な利益を与えていると非難した。

2020年6月、司法省のメンバーと州検事総長の連合は、Appleが反競争的行為に関与していると非難する複数の企業と話し合いを持った。

2021年、司法省はAppleによるRoblox開発者の扱いを調査した。訴状はEpicのものと似ており、アプリ内購入に対するAppleの手数料と、サードパーティのApp Storeを作れないことが問題となっていた。

2022年8月、情報筋は、司法省がトラッカーメーカーのTile社からの苦情に対して行動を起こそうとしていることを示唆した。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする