Apple、早ければ3月にも司法省から反トラスト法違反の疑いで提訴の可能性

masapoco
投稿日
2024年1月18日 13:49
Appleストアに掲げられたAppleのロゴマーク画像

4年以上にわたる調査の結果、米司法省はAppleを反トラスト法違反の疑いで提訴する準備を進めているとのことだ。関係筋がBloombergに語ったところによると、司法省は今年第1四半期、可能性として3月にも提訴することを検討しているという。しかし、司法省の反トラスト法最高幹部がまだ訴状に署名していないため、時期がずれる可能性もある。

Appleは反トラスト法違反の主張に対し、どの市場でも独占はしていないと主張し、抗弁してきた。しかし、今回の広範囲にわたる調査は、Appleがクラウドゲームサービスを許可していないこと、AirTagとiPhoneの統合方法、Apple製デバイスへのiMessageの独占など、新たな分野にも及ぶと見られている。

2019年、米下院司法委員会がSpotifyに対し、Appleの反競争的行為の疑いや、それがSpotifyのビジネスにどのような影響を与えたかに関する情報を要求したことから、この戦いは幕を開けた。Spotifyは、Appleがあらゆる機会に不当な利益を与えていると非難した。

2020年6月、司法省のメンバーと州検事総長の連合は、Appleが反競争的行為に関与していると非難する複数の企業と話し合いを持った。

2021年、司法省はAppleによるRoblox開発者の扱いを調査した。訴状はEpicのものと似ており、アプリ内購入に対するAppleの手数料と、サードパーティのApp Storeを作れないことが問題となっていた。

2022年8月、情報筋は、司法省がトラッカーメーカーのTile社からの苦情に対して行動を起こそうとしていることを示唆した。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Calendar BlogThumbnail
    次の記事

    Notion、スタンドアロンアプリ「Notionカレンダー」をリリース

    2024年1月18日 13:53
  • 前の記事

    OpenAI、国防総省とのサイバーセキュリティプロジェクトでの協力を明らかに

    2024年1月18日 13:33
    open ai logo
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事