Appleの機械学習リーダーが非営利のAI研究所を率いるために退職

masapoco
投稿日
2023年6月22日 18:43
ali

コンピュータービジョンの専門家Ali Farhadi氏は、2020年1月からAppleのAIおよびMLイニシアチブを率いた後、アレン人工知能研究所(AI2)に戻り、最高経営責任者となる。彼はYOLO Object detectionの開発者でもあり、Appleに入社する前の2014年からAI2のシニアリサーチマネージャーを務めていた。

Farhadi氏は7月31日より、アレン人工知能研究所(AI2)のCEOに就任する。この異動により、Farhadi氏はAIの研究とエンジニアリングを行う非営利団体の仕事を監督することになる。

ワシントン大学のAI教授であるFarhadi氏は、2015年にAI2に入社し、コンピューター・ビジョン・チームで働いた。その後、ディープラーニングの新興企業Xnor.aiを共同設立し、2020年にAppleに2億ドルで買収された。

Appleで機械学習への取り組みを率いた後、Farhadi氏はAI2に再入社し、組織を率いることになった。AI2は世界中に200人以上の研究者とエンジニアを擁し、AIによる科学、医療、会話の進歩に取り組んでいる。

同組織は8年間で約700本の論文を発表し、インキュベーターは総額7億6700万ドル相当の19社を生み出し、500人を雇用している。

「AIの開発と利用において前例のない変化に直面している今、CEOとしてAI2に戻るのにこれ以上のタイミングはありません。今日、世界はこれまで以上に、科学に裏打ちされた真にオープンで透明性の高いAI研究と、データ、アルゴリズム、モデルがオープンで誰もが利用できる場所を必要としています」と、Farhadi氏は述べている。

「Ali は、経営者、起業家、学者、研究者としての専門知識を兼ね備えた、本当に稀有なリーダーです。彼はそのキャリアを通じて、深い科学的研究を製品ソリューションに結びつける独自の能力を通じて、AIの変革力を実証してきました」と、AI2の理事会メンバーであり、マイクロソフトリサーチ&インキュベーションのコーポレートバイスプレジデントであるPeter Lee博士は述べている。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • StabilityAISDXL.9wolf
    次の記事

    Stability AI、「飛躍的進歩」を遂げたSDXL 0.9をリリース

    2023年6月23日 6:05
  • 前の記事

    Meta、Quest 2とQuest Proのパフォーマンス向上を実施

    2023年6月22日 16:32
    meta quest pro 38
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

今読まれている記事