あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

本日、Apple、Pixar、Adobe、Autodesk、NVIDIAを含む大手テック企業は、3Dファイルプロトコルの標準化と開発を推進する団体「Alliance for OpenUSD(AOUSD)」の結成を発表した。

このグループは、Pixarが開発したユニバーサル・シーン・デスクリプション(Universal Scene Description: USD)技術の成長と標準化を促進することを目的としており、NVIDIAのOmniverseプラットフォームの基盤であり、実用的な “メタバース”のためのグラフィックスの標準となる日が来るかもしれない。両社は、この取り組みを支援するために、Linux Foundationの共同開発財団を活用している。

両社は、OpenUSDの特徴を詳しく説明した仕様書を作成し、他のグループが採用できる標準を作ることを計画している。そうすることで、互換性を高め、この技術をより広く採用し、統合し、実装することができるようになり、また、他の標準化団体も独自の仕様に含めることができるようになる。

USDはPixarが開発し、同社の最先端アニメーションパイプラインの技術的基盤となっている。NVIDIAは、早くからUSDを支持しており、昨年、Pixarのソリューションが “メタバースのHTML”になる可能性があると考えている程だった。

HTMLがWebページの記述の一種を形成するように、USDは複雑な仮想シーンの記述に使用でき、インターネット上のどこにでもホスト可能で、Webブラウザによってローカルに検索/レンダリング可能だ。

以下は、アライアンスの新しいOpenUSDイニシアチブの説明である:

Pixar Animation Studiosによって開発されたOpenUSDは、高性能な3Dシーン記述技術であり、ツール、データ、ワークフローにまたがる強固な相互運用性を提供します。OpenUSDのパワーと柔軟性は、新しい産業やアプリケーションのニーズを受け入れる理想的なコンテンツプラットフォームとなっています。

「ユニバーサル・シーン・デスクリプションはPixarで発明され、我々の最先端のアニメーションパイプラインの技術的基盤となっています。OpenUSDは、Pixarの映画制作における長年の研究と応用に基づいています。我々は2016年にプロジェクトをオープンソース化し、OpenUSDの影響力は今や映画、視覚効果、アニメーションの枠を超え、メディア交換のために3Dデータにますます依存する他の業界にまで広がっています。AOUSDの発表により、私たちはエキサイティングな次のステップ、すなわち技術としてのOpenUSDの継続的な進化と国際標準としての位置づけを示します」と、Pixarの最高技術責任者であり AOUSD 会長のSteve May氏は述べています。

Linux Foundationの関連団体である Joint Development Foundation (JDF) によって運営されているこのアライアンスは、OpenUSD の将来の形成に積極的に参加する多様な企業や組織を集めることを望んでいる。現在のところ、Apple、Pixar、Adobe、Autodesk、NVIDIAが正式メンバーとして名を連ねており、一般メンバーとしては、Epic Games、Unity、Foundry、Ikea、SideFX、Cesiumが名を連ねている。

「OpenUSDは、アーティスティックな創造からコンテンツ配信まで、次世代のAR体験を加速させ、空間コンピューティング・アプリケーションの幅を広げることに貢献するでしょう。AppleはUSDの開発に積極的に貢献しており、画期的なvisionOSプラットフォームや新しい開発ツールReality Composer Proにとって不可欠な技術です。我々は、USDが広く採用される標準へと成長することを楽しみにしています」と、AppleのVision Products Group担当副社長Mike Rockwell氏は述べている。

HTMLは、テキスト、グラフィック、ハイパーリンクをウェブのプラットフォームに統一し、固めるのに何年もかかった。USDは、メタバースをウェブのようにシームレスに運用するために採用しなければならない複数の標準のひとつにすぎない。誰も断片化を望んでいるわけではない。

USDがデファクトスタンダードになるチャンスはあるが、標準化委員会によって検証された公式スタンダードになれば、より多くの人々に普及する可能性がある。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする