iPhoneが非接触型決済端末になる「Tap To Pay」をAppleが発表

masapoco
投稿日
2022年2月19日 3:19
Tap to Pay on iPhone

Appleは2022年2月8日、iPhoneを使ってApple Payや非接触型クレジットカード、デビッドカード、その他のデジタルウォレットからの決済を受け入れることが出来る新機能「Tap To Pay」を発表しました。

iPhoneがあれば、決済専用デバイスの購入が不要に

Appleによれば、この「Tap To Pay」は2022年後半にまずは米国から導入が開始され、店舗などの販売者は追加で新たなハードウェアを導入することなく、iPhone Xs以降を使い、専用のアプリを介して各種非接触型決済の受入がiPhoneだけで可能になると言うことです。

日本においても、既にSquareやAir Payなど非接触型決済が簡単に可能となるサービスが見られますが、これらサービスは、結局の所iPhoneやiPadなどに加えて決済用の端末が必要となっていました。

この「Tap To Pay」は、そういったサービスとは大きく異なり、iPhoneさえあれば新しい決済用端末を用意する必要がない事から、既存のサービスに与える影響はかなり大きくなるのではないかと思われます。

現時点では、American Express、Discover、Mastercard、Visaなどの主要な決済ネットワークを使った非接触型クレジットカードとデビッドカードで動作する予定とのことです。

なお、アメリカ以外での導入予定は現時点では報じられていません。

購買情報のプライバシー保護に重点

Tap To Payにより行われた決済については、既にApple Payで導入されているテクノロジーと同様の方法で、暗号化して処理され、Apple自身は何が購入されているのか、誰が購入したのかについて全く知ることがないということです。これにより決済がプライベートで安全な物になるとAppleは報じています。

近日中にiOSベータで開発キットが提供予定

このTap To Payの最も特徴的とも言える部分は、これがiOSのネイティブで閉じられた機能として提供されるのではなく、iPhoneに搭載されているNFCチップを解放して、サードパーティーがTap To Payを使ったアプリケーションの開発を可能としている点です。

これにより、アプリ内にTap To Payを使った決済機能を統合することが可能となっています。

実際に、決済サービス「Stripe」がTap To Payを提供する最初の決済プラットフォームとなることをAppleは発表しています。

開発者用のソフトウェア開発キット(SDKs)は、2022年2月8日にリリースされた「iOS 15.4 Beta 2」から利用可能になっています。

Source:Apple



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Samsung-Galaxy-Unpacked
    次の記事

    Samsung Galaxy S22シリーズ発表 120Hzディスプレイ、最大45Wの充電対応

    2022年2月19日 3:51
  • 前の記事

    AppleがAI音楽制作のスタートアップを買収

    2022年2月19日 3:08
    AIのイメージ画像
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事