あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

【レビュー】Anker 633 Magnetic Battery (MagGo) – 大容量マグネット式モバイルバッテリー

12シリーズ以降のiPhoneに使える、「マグネットでピタッとくっつくMagSafe対応バッテリー」の最新モデル「Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)」がAnkerから登場した。本製品は、前モデルに比べて2倍の容量(5,000mAh→10,000mAh)になりUSB-Cポートの出力も最大12Wから20Wへと進化している。

今回は、この新型MagSafe対応モバイルバッテリー「Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)」について、購入して数日の使用感や気になる点など、ご紹介したいと思う。

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo) の特徴

  • MagSafe対応でケーブルを使わずに、iPhoneに強力な磁石で固定してワイヤレス充電が出来る
  • 10,000mAhの大容量
  • スマホスタンドとしても使える収納できるスタンド付き
  • USB-Cポートが最大20W入出力対応
  • デバイスの3台同時充電が可能

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のスペック詳細と前機種との比較

Anker 633 Magnetic Batteryの外装はシンプルだ。

スペック詳細

公式発表されている仕様は以下の通りだ。

製品名Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)
サイズ約107×66×18mm
重さ約218g
入力USB-C入力:5V = 3A / 9V = 2.22A(最大 20W
※ワイヤレス入力には対応していない。
出力ワイヤレス出力:最大 7.5W
USB-C出力:5V = 3A / 9V=2.22A(最大 20W
USB-A出力:5V = 3A / 9V = 2A(最大 18W)
バッテリー容量10,000mAh
定格容量6,700mAh
対応機種・Qi充電:ワイヤレス充電対応スマートフォン
マグネット式ワイヤレス充電:iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max / iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
パッケージ内容Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)、USB-C&USB-C ケーブル(0.6m)、取扱説明書
製品型番A1641011 (ブラック) / A1641021 (ホワイト) / A1641031 (ブルー)
注意事項–         iPhone 13への満充電回数は約2回未満(Anker調べ)。
–         パススルー充電を行う際は、お使いの機器へUSB-Aポートからの同時充電はできない。

前機種「Anker 622 Magnetic Battery」及び競合品との仕様比較

前モデル「Anker 622 Magnetic Battery(MagGo)」、また同じくAmazonで購入しやすいマグネット式ワイヤレス充電器の「CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリー」との仕様比較は以下の通りとなる。

項目633 Magnetic Battery 622 Magnetic BatteryCIO ハイブリッドワイヤレスバッテリー
バッテリー容量10,000mAh( 3.7V )5,000mAh ( 3.7V )5,000mAh ( 3.7V )
サイズ約107×66×18mm約 105 x 67 x 13 mm約94 x 63 x 16 mm
重量約 218g約 140g約150g
出力ポート数3(マグネット式ワイヤレス / USB-C / USB-A)2(マグネット式ワイヤレス / USB-C)2(マグネット式ワイヤレス / USB-C)
入力ポート数1(USB-C)1(USB-C)1(USB-C)
USB-C出力5V = 3A / 9V=2.22A(最大 20W5V = 2.4A (最大 12W)5V = 3A / 9V=2.22A(最大 20W
USB-A出力5V = 3A / 9V = 2A(最大 18W設定なし設定なし
入力USB-C入力:5V = 3A / 9V = 2.22A (最大 20WUSB-C入力:5V = 2.4A (最大 12W)USB-C入力:5V = 3A / 9V = 2A(最大 18W
ワイヤレス出力最大 7.5W最大 7.5W最大 7.5W
合計出力最大18W同時充電不可最大27.5W
パススルー充電
Apple Watch充電××
同時充電3台1台2台
スタンド機能
価格7,990円5,990円5,478円

大きな変化は、やはり容量が10,000mAhへとアップしたこと、そして、USB-C出力が最大20Wになったことだろう。

またサイズは、厚み以外はほぼ同じ大きさである。容量2倍なのにも関わらずだ。これにはAnkerの技術力の高さを感じる。

また、622 Mobile Batteryに比べて、充電エリアの印刷が濃くなっており、ハッキリと確認できる。

驚くべきは、容量2倍なのにもかかわらず、633 Magnetic Batteryは、622とほぼ同じサイズであることだ。
(左)633 Magnetic Battery (右)622 Magnetic Battery ほぼ同じサイズなのがお分かり頂けるだろうか。

ただ、厚さは5mm違う(38%アップ)ので、実際に持ったときの感覚はやはり大きく感じる。(これについては後述する)

Anker 622 Magnetic Batteryにくらべると4割増しの厚さとなる為、たかが5mm増とはいえ、やはり使い心地は変わってくる
(左)633 Magnetic Battery (右)622 Magnetic Battery 厚さが5mm違うとやはり重そうに見える。

外観・付属品等について

内容物

内容物一覧。製品本体、USB-Cケーブル、製品サポートについての説明書、マニュアルが入っている。

同梱ケーブルは、USB-C to Cの一般的なケーブルだ。

製品外観

カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ブルーの3色となる。

ワイヤレス充電エリアの刻印が鮮明になり、Qiでの充電はやりやすくなった

裏には金属製のスタンドが付属している。

裏面に金属製のスタンドが付属する。薄いがしっかりした作りだ。

底面部には電源スイッチと出力用のUSB-Aポートが一つ設置されている。

まだまだ利用シーンが多いUSB-Aポートが付属する。

全体的に角が丸くなっており、持ったときに手になじみやすいデザインだ。ただし、スタンドが出っ張っているため、そちらを下にして置くと、カタカタと動いて少し不安定だ。ワイヤレス充電時に微妙に動くのは、気になる人は気になるかも知れない。

金属スタンドが出っ張っているため、下にすると不安定。特にワイヤレス充電時などは気になるかも知れない。

本体右側面には充電インジケーターと各種刻印。ちなみに、インジケーターの表示は、一番左のインジケーターでワイヤレス充電状態、その右にある4つの白インジケーターでバッテリー残量が分かるようになっている。電源スイッチで確認できる。

インジケータのワイヤレス充電表示

  • 白点滅  →  ワイヤレス充電機能オン
  • 白点灯 → ワイヤレス充電中
  • 消灯 → ワイヤレス充電機能オフ
リチウムイオンバッテリー内蔵であることや、PSEマークもしっかり印刷されている。

本体左側面に入出力用のUSB-Cポートが一つ付属する。また詳細な仕様も印刷されている。ちなみに、これによると定格容量は「6,700mAh」となっている。

公式サイトでは公開されていないような細かい仕様も明らかになっている。

重量は217.8gだ。iPhone 13 Pro(203g)よりちょっと重いくらい。逆にiPhone 13 Pro Max(238g)よりは軽い。

Anker 633 Magnetic Batteryの重量は約218gだ。

サイズは縦107×横66×厚さ18mmだ。比較としては、ハガキの半分よりも少し小さなサイズとなる。

Anker 633 Magnetic Batteryは大体ハガキの半分くらいのサイズとなる。

特徴であるスタンドを展開してみる

付属の金属スタンドを開いてみると、このような形で斜めに自立させることが出来る。

スタンドを展開すると、スマホスタンド代わりにもなる(ただし、iPhone 12以降限定)

裏面はこのような状態。スタンド自身は薄くて華奢な作りだが、そこまで不安定さはない。もちろん、左右に振れば簡単に倒れるが、前後の揺れには割と強い印象だ。

細くて薄い金属製のスタンドだが、不安定さは感じられない。

ちなみに、622 Magnetic Batteryのフリップタイプはマグネット固定式で、ズレることもあったので、それよりも安定感はある。

Anker 622 Magnetic Batteryはフラップのマグネットがズレることがあった。

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)のレビュー

「Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)」をしばらく使ってみて、これは普段使いよりは、「旅行や長期の外出用途に最適だな」と感じたが、それについて本機の特徴なども踏まえながらご紹介していく。

Anker 633 Magnetic Batteryの良かった点

10,000mAhの大容量

本機を特徴付ける物として、やはりその10,000mAhという大容量バッテリーの搭載が挙げられるだろう。これまでマグネット式モバイルバッテリーでは、純正MagSafeバッテリーパックも含めて5,000mAh程度の物がほとんどだった現状で(一部では海外製品で10,000mAhの物もあるが、手に入りにくい物が多い)10,000mAhの大容量がAnkerから手に入りやすい形で販売されたことの意味は大きい。

また、容量アップにもかかわらず、そこまでサイズが大きくなっていないこともメリットだ。

前モデルの622に比べてバッテリー容量が2倍なのに幅と高さがほとんど変わらない

最大7.5Wのワイヤレス充電に対応

前モデルから引き継がれた能力として、最大7.5Wのワイヤレス充電機能が搭載されている。Qi規格となっており、マグネット式ワイヤレス充電でiPhone 12シリーズ以降にピタッと貼り付いてワイヤレス充電が出来るのはもちろん、Qi規格対応の機器にワイヤレス充電することも出来る。

Qi充電にも対応しているので、ワイヤレスイヤホンの充電なども対応していれば出来る。

iPhoneには強力なマグネットでピッタリと貼り付いてくれ、逆さまにしても全く落ちる気配がない。

強力なマグネットのおかげで、全くはずれる気配がない。

ちなみにワイヤレス出力は7.5Wであるため、MagSafe純正充電器の15W高速充電には及ばない。実際に計測したところ、iPhone 13 Pro Maxを満充電するのに220分(約3時間半)かかった。急ぐ際は、有線ポートを利用する方がいいだろう。

金属式スタンド搭載

Anker 633 Magnetic Batteryは金属式のスタンドが搭載されている。角度は70度となっており、デスク上に置いておいて使う際にもディスプレイの視認がしやすいようになっている。ただし、スタンドはご覧の通り非常に薄く華奢にも見える。

スタンドの角度は70度だ。汎用性は高い。

とはいえ、iPhone 13 Pro Maxを実際に立てかけてみたが、安定感があり安心して使えそうだ。

iPhone 13 Pro Maxで使うとかなりしっくりくる感じだ。大きさ的に。
iPhone 13 Pro Maxを取りつけて後ろから見た感じも安定感がある。

また強力なマグネットのおかげで、重量級のiPhone 13 Pro Maxを横向きに取り付けても安定感がある。充電しながらの動画視聴に、スタンドとしても使えてとても便利だ。

重量級のiPhone 13 Pro Maxを横向きに付けても安定している。

ちなみに、金属スタンドは指を引っかけるところがあり、簡単に取り出せるようになっている。

金属スタンドは指を引っかけるところがあり、引き出しやすい。

最大20Wの入出力とパススルー充電に対応

バッテリー本体へは、側面のUSB-Cポートから充電が可能だ。最大20Wとなっており、約3時間でフル充電が可能になっている。

USB-Cポートで本バッテリーを充電するが、最大20Wとのこと。今回は17W程度で充電されていた。
最大20Wということだが、概ね17W程度で充電されることが多かった

また、USB-Cポートからの出力も20Wとなっており、対応デバイスへは最大20Wでの充電が可能だ。

iPhoneへの有線充電は、USB-Cポート仕様で15W前後が出ていた。
iPhone 13 Pro Maxの充電は15W前後で行われていた

さらに、パススルー充電にも対応しており、デバイスの充電をしつつ、そちらが完了したらバッテリー本体への充電に切り替わるため、卓上ワイヤレス充電器のように使いつつ、外出時にはそのまま持ち出してモバイルバッテリーとして使うような使い方も出来る。これならモバイルバッテリーの充電し忘れと言った事も起きないため、一石二鳥だろう。

パススルー充電とは

  • コンセントからモバイルバッテリーに入力した電力をスマートフォンなどのデバイスへ優先的に給電する機能。
USB-Cポートが側面に付いているため、スタンドとして使いながらもパススルー充電出来る。

最大3台同時充電に対応

やろうと思えば、ワイヤレス充電、USB-C、USB-Aの3ポートを使って、3台同時に充電することも可能だ。

ただし、同時出力は合計で18Wにまで制限される。(USB-Cポート単体利用時は20W)

これは、例えば複数デバイスを持ち歩くことが多い人には安心出来る要素の1つだろう。

旅行などで出掛けた際に、充電器はこれだけ持って行って、夜寝てる間に複数デバイスを繋げておけば、朝には充電が出来るという事で、荷物を減らせるという大いなるメリットがある。

ワイヤレス充電時に熱くならない

ワイヤレス充電は便利だが、その原理上どうしても発熱があるのが難点だ。

前モデルの622 Magnetic Batteryもそこまで熱くはなかったが、やはりiPhoneに付けたまましばらく持っているとじんわり熱を感じ、持ってると不快感があった。(622 Magnetic Batteryの表面温度は36.7℃と、人肌くらいになっていた)

Bosch 放射温度計 GIS500」にて表面温度を計測してみたが、本製品は、表面温度が33.6℃とかなり低く、ワイヤレス充電しながら持っていても不快感が全くないのが素晴らしい。

Bosch 放射温度計 GIS500で表面温度を測ってみたところ、1番高温な部分で33.6℃だった。
633 Magnetic Batteryのワイヤレス充電時表面温度を測定した
633 Magnetic Battery622 Magnetic Battery
ワイヤレス充電時表面温度33.6℃36.7℃

ちなみに他社製品では、部分的に50℃近くにもなる危険な製品もある

マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーは、iPhoneに貼り付けたまま使う機会も多いので、ここは良く見ておくべきポイントだろう。

Anker 633 Magnetic Batteryの残念なポイント

Anker 633 Magnetic Battery残念だった点まとめ

価格が高い

マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーの多くが4,000円程度で買える物が多くある中で、8,000円近くにもなる価格は買うのに躊躇してしまうかも知れない。

ただ、他の製品にはない10,000mAhという大容量3ポート同時充電が出来る事を考えれば、複数のモバイルバッテリーや充電器を買う必要がないため、これだけ買えばいいという事はかえって安く済むかも知れない。

厚みと重さ

これはもうスペックを考えると仕方ないかも知れないが、重量200g程度になるとかなりズッシリ感じるだろう。特に、iPhone 13 Pro Maxに貼り付けていると、下手すればペットボトル1本分に近い重量になるので、かなり重さを感じるだろう。

また、厚みもアップした分、iPhoneに貼り付けたまま使う際には使い心地が少し低下している。

iPhoneよりも厚みがある。

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)はこんな人にオススメ!

iPhone 13 Pro Maxに貼り付けた様子がこのような感じ。iPhone 13 Proだと少しはみ出すと思う。

もし私が誰かに「オススメのマグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーをどれか1つ教えて欲しい」言われたら、この製品はオススメしないだろう。理由はサイズと重量だ。普段使いするには、人を選ぶ。身体や手が大きく、重たい物も苦にならないという男性ならばオススメ出来るが、女性も含めて万人にオススメ出来るかと言われると、否である。

では、この製品に魅力がないのかと言うと、全くそんな事はない。むしろ、用途を考えて使うならば、「最高のモバイルバッテリー」に生まれ変わる。それは“旅行”や“出張”などだ。

こういった用途であれば、3台同時充電が出来、なおかつパススルー充電に対応している本製品は、iPhoneやiPadなどを持ち歩く際にそれらを充電するために充電器やモバイルバッテリーを複数持ち歩く必要がなくなるため真っ先にオススメ出来る

コロナ規制も段々と緩和されており、これから旅行に行く機会も増えると思うが、そういった際に1つ持っておくと安心出来るのではないだろうか。

また、普段は卓上ワイヤレス充電器として使い、もしもの時に(充電が完了しているので)すぐに持ち出せるモバイルバッテリーとして用いると行った使い方も出来るだろう。

最後に、iPhone 13 Pro Maxや12 Pro Maxなど、バッテリー容量が多いデバイスを使っている方には、5,000mAhのバッテリーでは満充電出来なかったと言う不満が解消されるため、そこに不満を感じている方にはオススメ出来るだろう。

Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)のレビューまとめ

オススメポイント

  • 10,000mAhの大容量
  • 最大7.5Wのワイヤレス充電に対応
  • 金属式スタンドを搭載
  • 最大20Wの入出力とパススルー充電に対応
  • 最大3台同時充電が可能
  • ワイヤレス充電時の発熱が低い

残念ポイント

  • 価格が高い
  • 厚さと重さがネック

バッテリー容量の増加に伴いサイズもアップしているが、用途をよく考えて使うならばかなりオススメ出来る製品だ。

評価:[review_stars 4/5]
旅行用途なら唯一無二の素晴らしい製品

普段から使い倒したいという人には断然Anker 622 Magnetic Batteryをオススメする。詳しくは以下のレビューをどうぞ。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする