あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

AmazonのCEO、Andy Jassy氏はブログ投稿で、同社が進めている人員整理の規模が18,000人に達し、その影響は主にAmazonストアとPeople Experience and Technology (PXT) Solutionsチームに及ぶものであることを説明している。

Jassy氏は、Amazonが人員を雇用しておく余裕がないことを述べ、同社が影響を受ける人々と協力し、離職手当、経過的健康保険給付、外部の職業紹介サポートを含むパッケージを提供していると説明している。

Amazonは、1月18日から影響を受ける従業員と連絡を取る予定だ。今回出されたメッセージは、Amazonの誰かがこのニュースを公にリークしたため、CEOが正面から対処するのが最善と判断し、出されたに過ぎない。米国の従業員からは直接話を聞くが、ヨーロッパでは、Amazonは個人ではなく、従業員の代表団体と直接話をするとのことだ。

Jassy氏は声明の最後で、「今回の人員削減の影響を受けた皆さんには、皆さんのAmazonへの貢献、そしてお客様のために行ってきた仕事に対して、私がどれほど感謝しているかを知ってほしい。あなたは、多くのお客様の人生に有意義な変化をもたらしてきました。私たちと共に旅を続ける人たちへ、私はあなた方とパートナーを組み、お客様の生活を日々より良く、より簡単にし、そのための絶え間ない発明をし続けることを楽しみにしています。」と述べている。

11月に約1万人の人員削減を検討していると報じられたが、Jassy氏の声明からわかるように、現在はもっと状況が悪くなっており、ほぼ倍の数の従業員が解雇されることになる。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする