あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Windows 11は、Androidアプリを実行する機能を含む、Windowsにはこれまでになかった多くの機能をもたらした。MicrosoftはこれらのアプリをWindows上で展開するためにAmazonと提携したが、Amazon Appstoreは昨年初めからプレビュー・モードでのみ利用可能だった。本日、Amazonは長く続いたプレビュー期間に終わりを告げ、Android開発者たちに、わずかな変更を加えるだけでアプリをWindowsに移植できるオプションを提供している。

Amazonはブログでこう述べている:

AmazonではMicrosoftとのパートナーシップの下、Android™用Windowsサブシステム(WSA)を利用して、Amazonアプリストアで提供されているAndroidアプリを実行できる優れたエクスペリエンスを実現しました。Audible、TikTok、ロードモバイル、Hungry Shark Evolution、エピックセブンなど、人気のAndroidアプリ・ゲームもWindows用にデスクトップバージョンを別途開発することなく、Windows PCの新規ユーザーにリーチできるようになっています。Windows 11用Amazonアプリストアでアプリのリーチを拡大したエピックセブンは、Appstore SDKを使用して収益を増大させ、没入感のあるゲームエクスペリエンスをユーザーに提供することに成功しています。 

Amazon Appstore for Windows 11に承認申請するAndroidアプリは、以下のシステム要件を満たしている必要があるとのことだ:

  • RAM:8GB(最小)16GB(推奨)
  • ストレージ:SSD(推奨)
  • プロセッサー・アーキテクチャ:x64またはARM64
  • 仮想マシンプラットフォーム:この設定を有効にする必要がある。詳細については、Windows 11 PCで仮想化を有効にするを参照。

Androidアプリ開発者は、Windows 11上でアプリをうまく動作させるために、他のツールにもアクセスできる。その一つがAmazon Input SDKだ。開発者はこれを使って、アプリやAndroidゲームのキーボードやマウス操作を表示するオーバーレイを素早く作成できる。

Amazonは、開発者が利用者を拡大する方法として、Windows 11 Androidアプリストアの利用を促進している。成功事例として、Smilegate Megaportの例を挙げ、同社のAndroidゲーム「Epic Seven」をAmazon Appstore経由でWindows 11上で動作するように移植できたと述べている。同ブログは次のように述べている:

Smilegate Megaportは、Amazon Appstoreの開発者向けツールを使用して、Windows 11上で直接Epic Seven for Fire OSを起動することで、開発時間を数百時間短縮することができました。徹底した社内QAとAmazonの提出前Live Appテスト(LAT)サービスのおかげで、タブレットとPCの両方で、スムーズで反応の良いゲーム体験を提供することができました。

これに先立ち、Microsoft、プレビュー・チャンネルでAndroid向けWindows Subsystemを更新し、多くの新機能と改良を加えており、WindowsでのAndroidアプリサポートを加速している。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする