あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Amazon、Meta、Microsoftらが初のオープンソース地図データを公開

Googleマップに対抗すべく、相互運用可能な地図製品の作成を目的として昨年12月にAmazon、Meta、Microsoft、TomTomによって設立されたOverture Maps Foundationは、開発者が地図アプリやその他の位置情報ツールを構築するのに役立つ最初のオープンマップデータセットを公開した。この“アルファ”セットには、5,900万以上の場所、7億8,000万のユニークな建物、OpenStreetMapからの道路データ、国境に関する世界中の情報が含まれている。

プレスリリースによると、この公開データセットのリリースは、”現在および次世代の相互運用可能なオープンマップ製品の実現“を支援する最初のものになるという。

プレスリリースで、同団体は以下のように述べている:

このコラボレーションは、地図データは将来のアプリケーションをサポートするための共有資産である必要があるという前提に基づいています。地図の正確性、最新性、属性に対する要求がユーザーのニーズを満たすために高まるにつれ、グローバルな地図データの収集と維持にかかるコストと複雑さは、単一の組織の能力を超えたものとなっています。

地図レイヤーは、最近発表されたOverture Maps Foundationの地図フォーマットでパッケージ化されている。

データセットは4つのレイヤーで構成されており、1つ目は観光スポットで、「これまでオープンデータとして公開されていない5900万件のPOIレコード」が含まれているとのことだ。2つ目のレイヤーは、「世界で7億8000万件のユニークな建物の足跡」を含んでいる。これには、Microsoftが独自に開発した “AI-Generated building footprints”の情報も含まれている。

3つ目のレイヤーには、「OpenStreetMapプロジェクトのデータから得られた世界中の道路網」が含まれている。最後に、4つ目のデータレイヤーには、40以上の言語に翻訳された「国と地域の行政境界線」が含まれている。

Overture Maps Foundationは現段階では、完全な製品をサポートするためというよりも、一般からのフィードバックを得るために主にデータを共有している。

Overture Maps Foundationのエグゼクティブ・ディレクター、Marc Prioleau氏は次のように述べている:

特にPlacesデータセットは、大小の新規事業から世界のどこにでもあるポップアップストリートマーケットまで、あらゆるものをマッピングできる可能性を秘めた、これまで利用できなかった主要なオープンデータセットです。

同財団は昨年12月、ハイテク大手だけでなく、地理空間や地図関連企業を含むさまざまな企業によって設立された。オープンな地図データは新しいコンセプトではないが、1つの組織が提供するのはもはや現実的ではない正確で最新の情報を提供するためには、集団的な取り組みが必要だとOvertureは考えている。理想的には、新規参入者が古く不完全な道順を提供する心配がなくなることだ。

この資料が本当の意味で完成するまでには、まだ多くの作業が残されていると、Overtureは警告している。今後のリリースには、よりオープンなデータ、相互運用性の向上、地図作成者が一貫してコンテンツを追加できるような安定したIDシステムの使用などが含まれる予定だ。アルファ版データセットに依存するアプリは(まったくないとしても)あまり見かけないかもしれないが、アプリ制作者に何が可能かを示す出発点としては役立つ。

同財団によると、今後のデータセットのリリースには、”地図上のフィーチャーに一貫してデータを追加できる安定したIDのシステムであるGlobal Entity Reference System”を含む、よりオープンなデータソースが含まれる予定だという。これらのリリースに関するフィードバックは、誰でもGitHubで送ることができる。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする