Amazon、Echoデバイス等 17機種のMatterサポートを開始

masapoco
投稿日
2022年12月20日 7:33

Amazonは、同社のEchoデバイスに、スマートホーム相互運用規格「Matter」に対応する為のアップデート配信を開始したと発表した。

発表のブログの中で、AmazonはMaatterのサポート展開について同社が段階的なアプローチを取っていることを説明している。

段階的なアプローチにより、最も一般的なデバイスタイプに対するMatterサポートの展開を開始する一方で、パートナーとの相互運用性、安定性、寿命のテストを継続し、お客様にシームレスで高品質なAlexa体験を保証します。

今回行われたアップデートは第1段階であり、そして今回17種類のEchoデバイス等にMatterへのサポートが提供されるとのことだ。

今回サポートが開始されるのは、以下のデバイスとなる。

Matterとは、Connectivity Standards Alliance(CSA)がApple、Amazon、Google、Samsungなど数百の企業と共同で開発した、スマートホームの相互運用のための規格である。その目標は、消費者がどのガジェットが何と連携出来るのかを気にすることなく、独自のスマートホームネットワークをカスタマイズして構築することが出来る事だ。詳しくは、以下の記事をご覧頂きたい。

Amazonがブログで指摘しているように、今回のアップデートでユーザーの接続オプションの選択肢が増えることになるはずだ。例えば、GoogleのNestサーモスタットが、AmazonのAlexaとうまく連動するようになる。

これはまだ第一段階であり、Amazonは2023年にはさらに多くのデバイスにMatterサポートを追加する予定だ。今回の発表は、Googleが自社の多くの製品にMatterのサポートを開始した事に続く形となる。Amazonと同様、Googleも来年にはMatterサポートを拡大する予定だ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • nvidia-gpu-image-top
    次の記事

    NVIDIAの次世代GPU「Blackwell」は、NVIDIA史上最大の性能向上になる可能性

    2022年12月20日 8:07
  • 前の記事

    重力波の観測によって異星人のワープドライブを探索できる可能性

    2022年12月20日 6:46
    fractal dyson sphere by eburacum45 d2yum16
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • amazon anthropic

    Amazon、AIスタートアップのAnthropicに“現金”27億5千万ドルを投資

  • amazon genai seller page 1

    Amazon、他サイトのリンクをペーストするだけで商品ページを作り上げる生成AI機能を紹介

  • nuclear reactor

    Amazonが原子力発電に投資、Cumulusデータセンターを6億5000万ドルで買収

  • Amazon、“創発的能力”を有すると主張する音声言語モデル「BASE TTS」を発表

  • artificial intelligence

    米政府がAI安全コンソーシアムを立ち上げ、Google、OpenAI、Microsoft、Appleら200社以上が参加

今読まれている記事