Amazon、iRobot買収を断念、iRobotはCEOが退任し350人がレイオフへ

masapoco
投稿日
2024年1月30日 10:40
Roomba Combo j7 Top View

Amazonによるロボット掃除機メーカーiRobot社の買収は、「欧州連合(EU)規制当局の承認への道がない」事から、本日、中止が発表された。この買収は2022年8月に初めて発表されたが、2023年に欧州連合(EU)からの反対に見舞われ、叶わぬ夢となった。

2023年後半、EUの規制機関である欧州委員会がAmazonとiRobotの買収がまもなく承認されるという噂が流れたが、2023年11月、欧州委員会は「提案されているiRobotの買収は、ロボット掃除機市場における競争を制限する可能性がある 」との声明を発表した。AmazonのiRobot買収計画は、総額14億ドルの現金取引で処理される予定だった。

取引破棄を発表したプレスリリースの中で、AmazonのSVP兼法律顧問であるDavid Zapolsky氏は、欧州委員会の見解を非難した。彼は次のように述べている:

このような結果は、消費者の生活をより快適で楽しいものにしてくれるはずだった、より迅速なイノベーションと、より競争力のある価格を否定するものです。このようなM&Aは、iRobotのような企業がグローバル市場で競争力を高めるのに役立ちます。特に、ロボット工学のような変化の速い技術分野では、同じ規制要件が適用されない企業や国の企業との競争が激しくなります。

買収が実現しなくなった今、AmazonはiRobotに9400万ドルの契約解除金を支払うことになる。

この発表の一環として、iRobotは自社のプレスリリースで、大規模なリストラも発表した。これには、従業員の31%に相当する350人の解雇が含まれる。また、1990年にiRobotを共同設立したColin Angle氏がiRobot会長兼最高経営責任者(CEO)の両職から退き、iRobotの現エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高法務責任者(CIO)のGlen Weinstein氏が暫定CEOを務め、取締役会の主席独立取締役だったAndrew Miller氏が会長に就任する事も発表された。

リストラの一環として、iRobot社は空気清浄機や芝刈り機のような中核の床掃除製品ラインアップ以外の機器への取り組みを一時停止し、”小規模で業績不振の地域 “のオフィスや施設を閉鎖するとのことだ。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Apple WWDC23 iOS 17 StandBy Siri Weather 230605
    次の記事

    iOS 18は“iPhone史上最大のアップデート”になる可能性

    2024年1月30日 11:04
  • 前の記事

    非常に稀な条件下でアルツハイマー病が人から人へ伝染した例が初めて確認された

    2024年1月30日 10:18
    Alzheimer
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • amazon anthropic

    Amazon、AIスタートアップのAnthropicに“現金”27億5千万ドルを投資

  • project gr00t humanoid

    NVIDIA、ヒューマノイドロボット向け基礎AIモデル「GR00T」を発表

  • amazon genai seller page 1

    Amazon、他サイトのリンクをペーストするだけで商品ページを作り上げる生成AI機能を紹介

  • figure 01 demo

    FigureとOpenAIのコラボレーションがリアルタイムで会話し指示通り作業を行うロボットを実現しつつある

  • nuclear reactor

    Amazonが原子力発電に投資、Cumulusデータセンターを6億5000万ドルで買収

今読まれている記事