あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Alibabaが先進的な量子研究所を閉鎖し研究チームが解雇

中国のメディアと業界関係者によれば、Alibabaの量子研究所が閉鎖されたようだ。この研究者は約3年前に大々的に開始されたが、予算と収益性の問題により閉鎖されたとされてる。

DoNewsの報道によると、AlibabaのDAMOアカデミー(Discovery, Adventure, Momentum, Outlookのためのアカデミー)が、量子研究所を閉鎖し、30人以上の従業員が解雇されたという。また、DAMOアカデミーの公式ウェブサイトから量子研究所の紹介ページも削除されているようだ。解雇されたDAMOアカデミーの量子研究所チームメンバーの多くが他社に履歴書を送り始めているとも述べられている。同社の量子コンピュータ研究チーム全体の解雇がなされているのかどうかは不明のようだ。

この閉鎖は、Alibabaの財政的な問題、あるいは量子産業全体の弱さの兆候として解釈されている。Alibabaは2015年から量子コンピューティング分野で活動しており、量子研究所アカデミーを通じて従業員や学生に量子コンピューティングの可能性について教育してきた。Alibabaの量子研究所は、11キュービットの量子クラウドプラットフォームを提供するフルスタックの研究開発が行われていた。一部の報告によると、Alibabaは量子を含む新興技術に約150億ドルを投資しているとされる。

しかし、この閉鎖の範囲や影響はまだ明確ではない。業界専門家は、この動きが量子技術のグローバルな低迷の兆候である可能性を懸念している。しかし、少なくとも初期の指標では、Alibabaのこの動きは、同社の不安定なビジネス状況を改善するための必要かつ実用的な戦術である可能性が示唆されている。Yahoo Financeによると、Alibabaの株価は先週急落し、わずか2日間で260億ドルの価値を失ったと報じられている。このニュースは、かつて盛んだった中国の技術リーダーシップの根底にある弱さの兆候でもあるかもしれない。

Alibabaのかつての世界をリードする量子野望の今後は不明である。メディアの報道によると、「Alibabaが将来的に他のチームを選んで量子研究開発を続けるかどうかは現時点では不明であるが、この変化は避けられない遺憾の念を引き起こす」とのことである。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする