あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleが落とし物トラッカー「AirTag」の新しいファームウェアをリリース

Appleは、現地時間4月26日に、落とし物トラッカー「AirTag」向けファームウェアアップデートの提供を開始した。

この記事の要点
  • AppleのAirTagがファームウェアアップデート。アップデートの内容については不明
  • 最新のファームウェアバージョンは1.0391となり、ビルド番号は1A301となる。

AirTagのバージョンアップが実施。前回リリースから7ヶ月ぶり

前回、2021年9月にAirTagの最新ファームウェア・アップデートをリリースして以来となる、新たなファームウェア・アップデートをAppleはリリースしている。

Appleは、昨年には、AirTagのストーキング対策に乗り出し、またAndroidユーザー向けにAirTagを発見するためのアプリを発表している。

本日リリースされた新しいファームウェアは、バージョン1.0.391で、ビルド番号は1A301となる。ちなみに、以前の最新バージョンのAirTagファームウェアは、バージョン1.0.291で、ビルド番号1A291eであった。

AirTagのファームウェアのバージョンを確認するには、iPhoneで「探す」アプリケーションを開き、下のナビゲーションバーで「持ち物を探す」タブを選択する。アイテムの一覧からAirTagを選び、AirTagの名前をタップする。これで、AirTagのシリアル番号とファームウェアのバージョンが表示されるようになる。

186B1478 1BB9 4D3C 8122 CB8BBFF481DE

強制的にアップデートする方法はないが、AirTagがiPhoneの範囲内にあることを確認すれば、自動的にアップデートされるようだ。

今回のファームウェアのバージョンアップでどういった更新が行われているのかは不明だ。

また、本日のAirTagのアップデートには、昨年の製品発売以来、Appleが取り組んできたストーカー対策機能の追加改良が含まれている可能性も考えられる。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする