AI動画ジェネレーター「Runway Gen-2」が解像度、忠実度、一貫性で飛躍的な進歩を遂げる

masapoco
投稿日
2023年11月4日 8:51
runway ml gen 2

Runway MLは、同社のビデオジェネレーター「Runway Gen-2」アップデートし、ビデオの解像度、忠実度、一貫性を大幅に向上させている。この進化は、DALL-E 3やMidjourneyといった画像生成ツールが達成した画像の精細さとフォトリアリズムの向上に匹敵するものだ。

Runway Gen-2は2023年6月に公開されて以来、短期間にも関わらず大きな進歩を遂げている。最近では、いくつかの重要な強化が施され、「ディレクターモード」の追加や生成されるクリップの最大長を18秒まで伸ばすなどのアップデートが行われていた。

RunwayのクリエイティブディレクターであるJamie Umpherson氏は、最新のアップデートについて次のように述べている。「Gen-2は新種のカメラです。5ヶ月前には存在しませんでした。そのアイデア自体が非現実的でした。しかし、今ではそうではありません。今日、それはアップデートされました。そして、それは大きな一歩です。忠実度において。一貫性において。物語を伝えたい世界中の誰もが使えるように」。

このアップデートでは、既存の画像からビデオを生成する際の解像度も向上している。最新のアップデートにより、Gen-2は従来の1,792 x 1,024ピクセルから、2,816 x 1,536ピクセルというはるかに高い解像度でビデオを扱うことができるようになった。これは、16:9のアスペクト比で一般的なフルHD解像度1,920 x 1,080ピクセルを超えるものだ。

リデザインされたビデオモデルは、RunwayのウェブサイトとiOSアプリで利用可能となっている。

さらに、Runway MLは「GEN:48」という短編映画コンテストの受賞者も発表した。このコンテストは、Gen-2を使用して48時間以内に1分から4分の短編映画を制作するというもので、ビデオモデルの現在の能力を示している。第一位にはDan HammillとJeff Woodの2分42秒の作品「2026」が選ばれた。この作品では、アポカリプス後の環境を生きるオレンジ色の服を着た主人公をドキュメンタリースタイルのハンディカムで追いかける内容だ。HammillとWoodの巧みなサウンドエフェクトの使用が雰囲気を高めている。

Runwayは、「最優秀キャラクター」、「最優秀クラフト」、「最優秀ナラティブ」などのカテゴリーで他の7人の個人またはグループのアーティストを表彰し、すべての受賞作品を専用ページで紹介している。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • PlayStation iSize 1920x1080 1
    次の記事

    Sony、ゲームストリーミング事業拡大のため「iSIZE」を買収

    2023年11月4日 9:59
  • 前の記事

    Samsung、NANDフラッシュを四半期ごとに20%値上げする計画と報じられる

    2023年11月4日 7:15
    samsung 8gen nand
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事