あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Adobeは、Premiere Proなどのビデオツールに生成AI技術「Firefly」を導入すると発表した翌日、LightroomフォトエディターにAIによる数多くの新機能を追加した。

Adobeは、アダプティブプリセットの拡張、人物の選択、ノイズ除去、新しいマスキングカテゴリを含む新機能の概要を発表した。Lightroomエコシステムのこれまでのアップデートと同様に、すべての機能がすべてのバージョンのAdobe Lightroomで利用できるわけではなく、一部の機能はAdobe Photoshop内のAdobe Camera RAW(ACR)内にも含まれている。

AIによるノイズ除去(Lightroom for Mac/Win、Lightroom Classic、ACR)

「照明が悪いために、もう撮影の機会を逃すことはありません」とAdobeは述べている。「Lightroomの最新の高度なAI搭載機能『ノイズ除去』を使えば、画像からデジタルノイズを除去して、ディテールを失うことなく品質を向上させることができます」。

lightroom denoise comparison 1
オリジナル(左)とLightroom AIノイズ除去(右)の比較 (Credit: Adobe)

同社は、この機能は高ISOで撮影した画像、特に低照度下で撮影した画像を編集する際に便利であるとしている。

lightroom denoise comparison 2
Lightroom AIノイズ除去(上)とオリジナル(下)の比較 (Credit: Adobe)

この機能は、現在RAWファイルで利用可能であり、近日中に追加のファイルタイプに対応する予定だ。AIノイズ除去は、ワンクリックで動作する。

マスクにおけるカーブ(Lightroom for Mac/Win、Lightroom Classic、ACR)

ユーザーは、LightroomとACRの強力なAI搭載のマスキングツールを、カーブ調整と組み合わせて活用できるようになった。

マスクでカーブを使うことで、写真の特定部分の階調や色味を正確にコントロールすることが出来る。

lightroom curves masking
Lightroomでは、カーブ調整とマスクを組み合わせて活用できるようになった。 (Credit: Adobe)

「この機能は、例えば、影のディテールを引き出したり、色を補正したり、クリエイティブなエフェクトを加えるなど、特定の部分を編集する必要がある風景写真で使用してください」と、Adobeは説明している。「また、全体の露出に影響を与えることなく、選択的に暖かみを加えたり、明るくしたりすることで、ポートレートに磨きをかけることができます」。

人物を選択(Lightroom for Mac/Win、Lightroom Classic、ACR)のAIマスクカテゴリの追加

また、昨年10月のAdobe MAXで発表された「人物を選択」機能で、マスキング内のカーブ調整でポートレートを絞り込む際に、選択範囲が広くなっている。

ligthroom mask facial hair
人物のマスキングツール「被写体選択」の中に、「顔の毛を選択」オプションが新たに追加された。 (Credit: Adobe)

「あらゆるポートレートの個人またはグループに対してマスクを自動生成することで、衣服や顔の毛を正確に編集することが可能になりました」とAdobeは述べている。

このため、衣服の色によっては面倒な色域選択を行う必要がなく、最小限の労力でシャツなどの衣服を選択し、その色を変更することができる。また、被写体のヒゲの色や明るさを素早く変更することが可能だ。

ポートレート用の新しいアダプティブプリセット(Lightroom for Mac/Win、Lightroom Classic、ACR、iOS、Android、およびLightroom on Web)

昨年、Adobeは、写真家が特定の画像の外観を素早く変更できるように設計された新しいクラスのプレミアムプリセットであるアダプティブプリセットの展開を開始した。

lightroom polished portrait and darken beard
オリジナル(左)と、新アダプティブプリセット「洗練されたポートレート」「暗めのヒゲ」で編集した画像 (Credit: Adobe)

アドビは、改良されたAIマスキング技術を活用し、「洗練されたポートレート」「ひげを暗くする」「衣服を強調する」のアダプティブプリセットを追加した。

洗練されたポートレートでは、ポートレートの肌を素早く滑らかにし、照明を強化し、顔の特徴を洗練させることができます。また、「衣服の強化」では、コントラスト、彩度、テクスチャーが向上し、服のディテールを強調する際に役立つとAdobeは述べている。

新しい適応プリセットは、既存の適応プリセット(強調、グラマー、歯を白く、髪の質感など)に加えて、利用可能になった。

アドビは、改良されたAIマスキング技術を活用し、「洗練されたポートレート」「ひげを暗くする」「衣服を強調する」のアダプティブプリセットを追加しました。

洗練されたポートレートでは、ポートレートの肌を素早く滑らかにし、照明を強化し、顔の特徴を洗練させることができます。また、「衣服の強化」では、コントラスト、彩度、テクスチャーが向上し、服のディテールを強調する際に役立つとAdobeは述べています。

新しい適応プリセットは、既存の適応プリセット(強調、グラマー、歯を白く、髪の質感など)に加えて、利用可能になりました。

ビデオ用ブラック&ホワイト(Lightroom for Mac/Win、iOS、Lightroom on Web、近日中にAndroidにも対応予定)

昨年、AdobeはLightroomで動画のサポートを追加し、ユーザーはこれまで写真を編集してきたように動画を編集できるようになった。しかし、ビデオ編集ツールの選択肢は発売当初はやや限られており、Adobeは時間の経過とともに一連の機能を改善することを約束している。

lightroom video black and white
昨年、Lightroomに強力なビデオ編集ツールが追加されたのに続き、Lightroomはビデオを白黒にできるようになった。 (Credit: Adobe)

新たにボタンをタップするだけで、「クラシックな映画スタイルを彷彿とさせる」モノクロの動画を作成する機能を追加されている。

マスキング機能とアダプティブプリセット(Lightroom for Mac/Win、Lightroom Classic、ACR、iOS、Android、Lightroom on Web)

Adobeは、Web上のLightroomをデスクトップやモバイルのLightroomと同じように機能豊富なものにすることに注力しているという。そのために、Lightroomの選択的調整ツールから、AIマスクがWebで利用できるようになった。

選択被写体、空、背景のAIマスクが、Lightroom on the Webに登場しました。ワンタップで、これらの一般的な写真の被写体を検出し、適応的なマスクを作成することが出来る。

lightroom web masking
Adobeは、Web上のLightroomに多数のSelect Subjectマスキングツールを追加した。 (Credit: Adobe)

Adobeは、上記の新しいアダプティブプリセットを含む、Lightroom用のアダプティブプリセットもWeb上で公開している。

コンテンツ認証

コンテンツ認証機能は、写真を編集する際に、適切な帰属とクリエイティブな透明性を確保するのに役立つ。この機能を有効にすると、コンテンツ認証は、画像に関連するすべての編集、アクティビティ、および帰属情報を追跡して収集する。

lightroom content credentials
現在、Lightroomユーザーは、Tech Previewとして提供されているAdobeのコンテンツ認証機能を有効にすることが出来る。 (Credit: Adobe)

この機能は、Adobeが2019年に開始したContent Authenticity Initiative (CAI)をベースにしている。Adobeは将来的にContent CredentialsをAdobe Camera Rawなどのアプリに拡大する意向だが、まだ利用できない。

追加アップデート

Lightroomエコシステムに対するこれらの重要なアップデートと同時に、AdobeはiOS上のLightroomに「枠線を追加して共有する」ことを発表した。この機能により、ユーザーはLightroomモバイルでフレームやボーダーを付けて写真を書き出すことができ、ユーザーの画像にもっと注目を集めるクリエイティブでユニークな効果を得ることができる。この機能により、ユーザーは人気のあるソーシャルメディアのアスペクト比に合うように画像をフォーマットすることが出来る。

Mac/Win版Lightroom、Lightroom Classic、ACR、iOS、Android、Web版Lightroom向けに、Adobeは18種類のプレミアム旅行プリセットをリリースした。”ボタンをタップするだけでプロ並みの仕上がりを実現する”プリセットは、人々の旅行写真をより美しくするためにデザインされている。

lightroom travel reset after
旅行写真用にデザインされた18種類の新しいプレミアムプリセットを発表した。 (Credit: Adobe)

Lightroom for Mac/Winでは、編集設定のコピー&ペーストがより簡単にできるようになった。バッチ編集は、詳細表示とグリッド表示でより見やすくなり、ユーザーの作業をより速く、より効率的にすることができるようになった。

また、ユーザーからのフィードバックに基づき、Adobeはツールチップを無効にするオプションも追加した。

最後に、ユーザーがトリミング、スクロール、パン、ズームを行う際のパフォーマンスを向上させた。

Adobe Lightroom製品のすべての新リリースは、Creative Cloudデスクトップアプリケーション、およびiOS版とAndroid版のLightroomのそれぞれのモバイルアプリストアで既に入手できるようになっている。

すべての新機能の内訳は、Adobeの専用ページ「What’s New」に掲載されている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする