あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

次世代超大型アレイの新アンテナを覗いてみよう

アメリカ国立電波天文台(NRAO)はこのほど、ライプチヒのマックス・プランク科学数学研究所で開催されたワークショップの最後に、米国とドイツの報道関係者、科学者、エンジニア、政府および企業のリーダーたちに、次世代超大型アレイ(next generation Very Large Array: ngVLA)用の電波望遠鏡アンテナのプロトタイプを公開した。ngVLAの建設は2026年まで開始されない予定だが、今回のお披露目はmtex anttena technologyにとって、8角形に配置された76枚のアルミパネルからなる18mディッシュを発表する機会となった。

mtex anttena technologyのCEO兼社長であるLutz Stenvers氏は、「この設計により、ディッシュの表面はどんな環境(極度の温度、風、重力)にも耐えることができ、リフレクターは人間の髪の毛3本分に相当する数ミクロン以内の正確な形状を保つことができます」と語った。「この構造体は724個の部品から成り、2500個のネジで固定されており、その重量は43トンにもなります。この設計は、複数のコンテナで世界中どこへでも輸送することができ、わずかな時間で組み立てることができます」。

このお披露目は、AUI(Associated Universities, Inc.)が最近、ngVLAの設計を強化するためにNSF(全米科学財団)から3年間/2100万ドルの助成金を授与されたことに加え、mtex社のアルバカーキ新施設の開発を支援するためにニューメキシコ州地域経済開発法(LEDA)から100万ドルの助成金を授与されたことを受けたものである。

2100万ドルの助成金について、NRAO所長のTony Beasley博士は、「厳しい経済情勢にもかかわらず、この賞は、天文学の次の偉大な装置を作り、米国の電波天文学のリーダーであり続けるという、研究コミュニティとNSFの強いコミットメントを示しています。NRAOは、この10年後半にngVLAの建設を開始することを約束します」と、述べている。

プロトタイプのお披露目はドイツで行われたが、ngVLAは、ニューメキシコ州ソコロ郊外にある現在のヤンスキー超大型アレイ(VLA)の後継となる。ヤンスキーVLAが直径25メートルの28のアンテナで構成されているのに対し、ngVLAは現在、それぞれ18メートルの244のアンテナで構成され、ヤンスキーVLAとアタカマ大型ミリ波干渉計(ALMA)の10倍の感度を持つことが計画されている。前述の通り、ngVLAの建設は2026年まで開始されず、2029年に予備的な科学観測が開始され、その後2035年に本格的な科学運用が開始される予定である。

ngVLA Poster antennabkg 750

ngVLAの主な科学目標は、地球サイズの太陽系外惑星、太陽系外惑星系の宇宙生物学と宇宙化学、ビッグバンから10億年後から現在までの初期銀河の形成と進化、銀河中心パルサー、超大質量ブラックホールについての理解を深めることである。

映画『コンタクト』では、ベガ星からエイリアンの信号を聞いた場所として大きく取り上げられたが、現在のヤンスキーVLAは、1980年に正式に運用が開始されて以来、画期的な電波天文学を実施してきた豊かな歴史を持っている。その中には、水星の氷、超巨大ブラックホール、マイクロクエーサー、天の川銀河の中心、アインシュタイン・リング、ガンマ線バースト、超新星、そして宇宙の果てしない数の星や惑星の研究が含まれている。

今後数年、数十年の間に、ngVLAは私たちの宇宙についてどのような新しくエキサイティングな発見をするのだろうか?時が経てばわかることであり、そのために私たちは科学するのである!


この記事は、氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする