あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

全長500メートルの小惑星が地球を通過

エンパイア・ステート・ビルディングと同じ大きさの小惑星が2月上旬に地球を通過し、180万キロメートルまで接近した。エンパイアステートビルとほぼ同じ大きさであるだけでなく、天文学者は、2011 AG5と名付けられたこの小惑星が、変わった形をしていることを発見した。

「これまで惑星レーダーで観測された1,040個の地球近傍天体のうち、これは私たちが見た中で最も細長い天体の一つです」と、JPLのプレスリリースで、観測を指揮したJPLの主任科学者Lance Benner氏は述べている。

この非常に細長い小惑星は、縦と横の比率が10:3だった。

2011ag5orb full
小惑星2011 AG5の軌道は、火星の軌道を超え、地球と金星の中間の距離まで太陽に接近している。(Image credit: NASA/JPL/Caltech/NEOPO)

この小惑星が地球に衝突する危険性はないため、天文学者は、2011年に発見されて以来、この小惑星が地球に最も接近して通過した2011 AG5を研究する機会を得たのだ。レーダーによる観測の結果、この天体は長さ約500メートル、幅約150メートルであることが判明した。 エンパイアステートビルの高さは、尖塔とアンテナを含めて443メートル、幅は57メートルである。

小惑星は、地球と月の距離の約5倍を通過した。2011 AG5は、2040年に地球と月の距離の3倍の距離まで接近し、再びフライバイする予定だ。

かつて天文学者は、地球近傍小惑星の観測と検出のために、世界で最も感度の高いシステムであるプエルトリコのアレシボ電波天文台を利用するのが常だった。しかし、2020年にアレシボ天文台が崩壊して以来、天文学者は、感度は低いが柔軟性のあるカリフォルニア州のゴールドストーンレーダー(ディープスペースネットワークの一部)に小惑星の追跡観測を依頼するようになった。

レーダーを使うと、小惑星の距離や大きさ、自転速度などを測定することが出来る。

2023年1月29日から2月4日にかけて行われた観測により、2011 AG5の表面には微妙に暗い部分と明るい部分があり、数十メートル程度の小さな表面の特徴を示している可能性があることが分かった。人間の目で見ると、炭のような形をしている。ゆっくりと回転しており、一回転するのに約9時間かかる。

goldstone3 med
カリフォルニア州モハベ砂漠にあるゴールドストーン深宇宙通信施設にある70m望遠鏡 (Credit: NASA/JPL)

天文学者は、この天体が近くでどのように見えるかの理解を深めることに貢献するだけでなく、ゴールドストーン・レーダーの観測によって、小惑星が太陽の周りをどのように回っているかの重要な測定が可能になると述べている。レーダーは、NASAの地球近傍天体研究センター (CNEOS) の科学者が小惑星の軌道を改良するのに役立つ、正確な距離測定を提供します。小惑星2011 AG5は621日に一度、太陽の周りを回っており、2040年のフライバイまで地球との接近遭遇はない。

「興味深いことに、2011 AG5 は発見された直後に、我々の分析で将来衝突する可能性が低いことがわかり、広告塔のような小惑星になりました」と、JPL の CNEOS のディレクターであるPaul Chodas氏は言いました。「この天体の継続的な観測は、衝突の可能性を排除し、惑星レーダーチームによるこれらの新しい測距測定は、それが遠い未来にある場所を正確にさらに絞り込むでしょう。」


この記事は、NANCY ATKINSON氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする