Android Studio Hedgehogが登場、Android 14向けアプリの開発を支援

スポンサー広告

Googleは、Androidアプリ向け公式統合開発環境(IDE)の最新バージョン「Android Studio Hedgehog」をリリースした。

このアップデートには、App Quality InsightsPower Profilerなどの機能が含まれており、開発者が問題に対処し、コードの最適化を支援する。具体的には以下の通りとなっている:

Android Studio Hedgehogの主な特徴

  1. IntelliJプラットフォームのアップグレード: IntelliJプラットフォームが2023.1にアップグレードされ、アプリのパフォーマンスとバッテリー寿命の向上、最新のAndroidバージョンへのアプリケーションのアップグレードの容易化、Jetpack Composeを使用した開発の迅速化が図られている。
  2. App Quality InsightsにおけるAndroid vitalsの統合: Firebase Crashlytics SDKで計測されたアプリのクラッシュレポートに加え、Google Play ConsoleからのAndroid vitalsデータも含まれるようになった。これにより、Google Play Storeに公開された任意のアプリのクラッシュレポートを追加の計測なしで確認できる。
  3. Power Profilerの新機能: 新しいPower Profilerは、デバイスの電力消費を「Power Rails」と呼ばれるサブシステム別に表示する。これにより、アプリの動作と電力消費の相関を視覚化し、電力消費の問題を特定し修正するのに役立ちつ。
  4. Android SDK Upgrade Assistantの改善: Android 14(APIレベル34)へのプロジェクトのアップグレードをサポートし、不要なステップを省略するフィルターが追加された。
  5. UIのアップデート: よりモダンでクリーンな外観を提供する新しいUIが導入され、macOSでのプロジェクトタブなどが改善された。
  6. デバイスミラーリング: 物理的なAndroidデバイスをAndroid StudioのRunning Devicesウィンドウでミラーリングできるようになった。
  7. 組み込みLayout Inspectorの導入: Running Devicesツールウィンドウで直接Layout Inspectorを実行できるようになり、UIデバッグワークフローの整理とパフォーマンスの向上が図られている。
  8. Composeツールの強化: Compose PreviewのGallery Mode、DebuggerにおけるCompose State情報の表示、Compose Multipreviewテンプレートのサポートなどが追加された。
  9. ビルドツールの改善: 新しいマクロ#GRADLE_LOCAL_JAVA_HOMEを使用して、GradleデーモンのJavaホームパスを指定できるようになった。また、Windows向けには、アンチウイルスソフトウェアがビルド速度に与える影響を最小限に抑える機能が追加されている。
  10. Firebase Test LabデバイスのGradle Managed Devicesへの統合: Gradle Managed DevicesでFirebase Test Labのデバイスをターゲットにし、自動化テストを大規模に実行できるようになった。

Androidは、モバイルオペレーティングシステム用に利用可能なすべてのアプリなしには存在し得ない。Googleは、自社のファーストパーティサービスだけに依存してすべてのユースケースを満たすことはできないため、Androidアプリを構築するすべての人にとってプロセスをできるだけ簡単にするために、同社はAndroid Studioを公式の統合開発環境(IDE)として提供している。

Googleは、開発者に対し、アプリを新しいバージョンのAndroidをターゲットにするように強制している。そうでなければ、Playストアからのソフトバンが発生し、古すぎるアプリはインストールできなくなる。SDKアップグレードアシスタントを使用すると、開発者は新しいAndroidバージョンをターゲットにするプロセスを容易にすることができる。Hedgehogアップデートは、Android 14(または正確な用語でAPIレベル34)へのプロジェクトのアップグレードをサポートする機能を拡張します。新しい関連性フィルターにより、プロセスから不要なステップが自動的に削除される。

このIDEの新バージョンは、現在Android Developersからダウンロード可能だ。Googleはまた、Android Studio Hedgehogの詳細なリリースノートを提供している。


Source

面白かったらぜひシェアを!
masapoco
masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事本文: 6315

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です