Sam Altman氏がOpenAIに復帰しMicrosoftが取締役会に加わる

スポンサー広告

Sam Altman氏が、OpenAIのCEOとして正式に復帰したことが発表された。そしてOpenAIは、Altman氏を追放しようとした取締役会のほとんどを入れ替え、正式に新しい取締役会を持つことになった。

発表では、前取締役会によって一時的に暫定CEOに任命されたMira Murati氏がCTOの役割に復帰すること、最初の新取締役会は、Salesforceの元共同CEOであるBret Taylor氏、前取締役会のメンバーであったQuora CEOのAdam D’Angelo氏、経済学者で政治家でもあるLarry Summers氏で構成されることを確認した。

また、Microsoftが、OpenAIを管理する非営利理事会の議決権のないオブザーバー席も獲得することも明らかになった。

発表の中でAltman氏は、OpenAIの今後の優先事項、主にOpenAIの研究計画の推進とAIの安全性への取り組みへの「さらなる投資」について述べている。初期理事会のメンバーはまた、「多様な視点」からなる理事会の構築に取り組み、OpenAIのガバナンス構造に不特定の「改善」を施し、最近の出来事に関する独立したレビューを監督すると、Altman氏は約束している。

「人々がAIの恩恵と可能性を体験し、それを形成する機会を得ることが重要です」とAltman氏は語った。「我々は、優れた製品こそがこれを実現する最良の方法であると信じ続けている。世界中のユーザー、顧客、パートナー、政府に対する我々の揺るぎないコミットメントが明確になるよう、(OpenAIのリーダーシップと)協力していく」と語った。

最後に、Altman氏は新取締役とともに、「多様な視点を持つ取締役会を構築し、ガバナンス構造を改善し、最近の出来事に関する独立したレビューを監督するという極めて重要な仕事に取り組む」と述べた。この見直しを誰が行うのか、またその結果が公表されるのかについては、まだ明らかにされていない。


Source

面白かったらぜひシェアを!
masapoco
masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事本文: 6315

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です