Steam Deck OLEDの分解動画がこのデバイスの大幅な再設計を明らかにする

スポンサー広告

Valveは、先日Steam Deckの有機ELディスプレイ搭載バージョン「Steam Deck OLED」を発表した。これは処理性能を引き上げる従来のアップデートとは異なり、それ以外のゲーム体験の向上を目指すもので、多くのゲーマーやエンスージアストから歓迎された。

製品デザイナーのGreg Coomer氏は、Steam Deck OLEDに実装されたほとんどの変更はユーザーフィードバックに基づいていると述べていた。その改良は細かなものではあったが多岐にわたっており、スペックシートだけでは読み取れないものもある。

  • APU:AMD Sephiroth(6nmプロセス、Zen 2アーキテクチャ、4C/8T、2.4 GHz – 3.5 GHz、448 GFLOPS FP32)
  • GPU:8コンピュートユニット、1.0 – 1.6 GHz、1.6T FLOPS FP32
  • メモリ:16GB LPDDR5 6400 MT/s 2x 32-Bit
  • ストレージ:512 NVMe SSD/ 1TB SSD、MicroSDスロット
  • バッテリー:50 WHr

Gamers Nexusが行った分解とその解説動画は、Valveがこの新たな携帯ゲーム機に行った改良と最適化が、特にハードウェア面でどのような形で表れているのか明らかになっており、非常に興味深いものとなっている。

まず分解されて気がつくのは、前モデルと比べてPCBからコンポーネントが大幅に削減されていることだろう。ValveはPCBデザインの最適化を行い、Steam Deck OLEDの新しいレイアウトを実現した。これは、APUの配置の変更から始まり、ボード全体にわたる一連の変更となって表れている。

重要なのは、PCBの上層部と下層部が空っぽに見えても、内層にはトレースとパスが存在することである。これは、ノートブックやデスクトップのマザーボードにも当てはまる。

コアの変更において、新しい6nmダイのAPUは手動測定で12.26mm x 10.82mmで、古いSteam Deck LEDは7nmプロセスチップを使用している。仕様は前モデルと同じである。

メモリモジュールの変更も重要である。元のSteam Deck LEDは4GB Micron D8BCW LPDDR5 5,500 MT/sメモリチップを使用していたが、OLEDバージョンでは8GB Micron D8CZV LPDDR5モジュールを使用し、6,400 MT/sで動作する。

その他の改善点として、ポート、コネクタ、その他のコンポーネントの配置が効率的に行われており、同じコントロールレイアウトが維持されている。WiFi/BTモジュールがWiFi 5ベースのAzureware AW-CM42INFからWiFi 6E標準のQuectel FC66E-Bに変更されている。

Gamers Nexusによる詳細な分解に基づくと、Steam Deck OLEDは単なるLCDからOLEDへの変更ではなく、ストレージ構成の変更や内蔵バッテリーの拡大だけでなく、完全なオーバーホールであるとのことだ。元のSteam Deck LCDも初登場時は印象的であったが、これは単なるマイナーチェンジではなく、ハードウェアレベルでの再設計であり、これを単に「Steam Deck OLED」と呼ぶのは、エンジニアが行ったことの大幅な過小評価だろう。

面白かったらぜひシェアを!
masapoco
masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事本文: 6315

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です