Intel、288コアのSierra Forest Xeon CPUを発表

スポンサー広告

Intelは本日開催したイノベーション・イベントにおいて、288個のEコアを搭載した次期CPU「Sierra Forest Xeon」をサプライズ公開した。

公開はCEOのPat Gelsinger氏による本日の基調講演中に行われた。以前発表された144コアのEコアバージョンは、AMDの128コアのBergamoチップと互角に戦えると思われたが、AMDのZen 4cコアは1コアあたり2スレッドだが、Intelのそれはそうではない。そのため、最大限のコアとスレッドを必要とするクラウドプロバイダーにとって、Intelの144コアチップは、少なくともBergamoに比べて不利になる。

しかしSierra Forestは、288個のEコアを利用できるため、AMDのZen 4cの256スレッドを上回ることになる。Intelは以前、Sierra ForestとそのEコア設計は、既存のSapphire RapidsのPコアCPUと比較して、ワット当たりの性能を240%向上させると述べていたが、288コア・バージョンではその数値は不明だ。Gelsinger氏はただ、クラウドプロバイダーのスケーリングに大きな機会を提供するだろうと述べた。

Sierra Forestは2024年に登場予定で、Tom’s Hardwareが指摘するように、同社のIntel 3プロセスで製造される。このノードは、Meteor Lakeに使用しているIntel 4を改良したもので、同時に7nmから5nmへのノードジャンプでもある。Intel 3はサーバーチップ専用であるため、クライアント製品は製造されない見込みだ。各ダイには、Intel 7(10nm)で製造された2つのI/Oダイが取り付けられている。IntelのGranite Rapidsサーバーチップは同様の設計だが、3チップレットを採用しており、Intelが432コアの3チップレットSierra Forest SKUを作れるかどうかという疑問が投げかけられている。


Sources

面白かったらぜひシェアを!
masapoco
masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事本文: 6315

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です