サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

クアルコム、将来のSnapdragonコンピューティング・プラットフォーム向けに次世代CPUコア「Oryon」デザインを発表

(Credit: Qualcomm)

Snapdragon 8 Gen 2の発表に続き、Qualcomm(クアルコム)は2024年に正式発表する予定のカスタムCPUコアの名称を「Oryon」と発表した。

Oryon Block Diagram1
(Credit: Qualcomm)

Qualcommのコンピューティング&ゲーミングビジネスユニットのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャであるKedar Kondap(ケダー・コンダップ)氏によると、「Oryon」CPUコアデザインは、ワットあたりの性能を固定し、GPUと人工知能のアクセラレーションとともに、CPUコンピューティング性能を高めることで再び全体のコンピューティング性能を改善したいと考えているとのこと。

また、QualcommはMicrosoftとの協力により、将来のSnapdragonコンピューティングプラットフォームをより統合された形でWindows 11に搭載し、Adobe社などのサードパーティソフトウェアプロバイダとより密接に協力して、SnapdragonデバイスでWindowsにネイティブなソフトウェアサービスを提供するとともに、より多くのエンタープライズ向けサービスに対応する予定です。また、Adobeなどのサードパーティソフトウェアプロバイダーと協力し、Snapdragon搭載デバイスのWindowsにネイティブなソフトウェアサービスを提供し、より多くの企業のニーズに応えていく。

ただし、QualcommはOryon CPUコアの設計の詳細を明らかにしなかったが、まずはノートブック用途をターゲットにしてPC並みの演算性能を提供し、その後携帯電話などのモバイル端末に搭載される可能性が高いという。

Oryon CPUコアのデザインは、最近NUVIAの技術資産を買収して、より高性能なArmベースのプロセッサを実現したもので、実際のアプリケーションは2024年に、デザインは早ければ2023年に発表される予定だ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする