アルテミス1号、月へ向かう

(Credit: NASA/Joel Kowsky)

スポンサーリンク

ついにやり遂げた!オリオンカプセルを搭載した待望のスペース・ローンチ・システム(SLS)ロケットは打ち上げに成功し、月へ向かっている。何年にもわたる遅延、そして2度の打ち上げ失敗とこの秋の車両組立棟へのロケットのロールバックを経て、有人宇宙船が月に行くのは50年ぶりのことだ。人類が月に行った最後の宇宙船であるアポロ17号も夜間に打ち上げられたので、ある意味、アルテミスが暗闇の中で打ち上げられたのはふさわしいと言えるだろう。

NASAの探査システム開発ミッション本部副長官であるJim Free(ジム・フリー)氏は、「ここまで来るのに大変な苦労があったが、オリオンは今、月へ向かっている」と述べた。「この打ち上げの成功は、NASAと我々のパートナーが、人類の利益のために、これまで以上に遠くまで宇宙を探索する道を歩んでいることを意味しています。」

52503823645 85682d6107 c
2022年11月16日(水)、アルテミスI飛行試験で打ち上げられるオリオン宇宙船を搭載したNASAのスペース・ローンチ・システム・ロケット。(Credit: NASA/Bill Ingalls.)

アルテミス1号は、米国東部時間午前1時47分、フロリダ州ケネディ宇宙センターの発射台39Bから旅を開始した。これは、NASAの深宇宙探査システムの最初の統合飛行試験である。宇宙飛行士は搭乗していないが、NASAによると、このロケットはいつの日か月面に人を送り届けるための最良の希望であるとのことだ。アルテミス1号は月に着陸しないが、オリオンは11月21日に月のそばを飛行し、月面に接近(約60海里)して、月より数千kmも遠い、他の有人宇宙船よりも遠い逆行軌道に向かう予定である。打ち上げから25日後に地球に帰還し、オリオンの着水は現在のところ12月11日に予定されている。

打ち上げまでの間に、ドラマがなかったわけではない。カウントダウンの最後の数時間、バルブから水素が漏れ出し、打ち上げが危ぶまれたのだ。ロケットの燃料がほぼ満タンの状態で、レッドチームと呼ばれる3人のエンジニアが問題を解決するために発射台と「爆風危険区域」に送り出された。その結果、なんと漏れたバルブの金具をトルクで締め付けることができたのだ。 そして、打ち上げのカウントダウンを開始することができた。

打ち上げから約1時間半後、ロケットの上段エンジンは約18分間の燃焼に成功し、オリオンを地球周回軌道から月へ送り出すのに必要な推進力を得た。 その後、上段エンジンから分離した「オリオン」は、ESA(欧州宇宙機関)が提供したサービスモジュールを搭載し、月へ向けて航行中だ。ESAは、オリオンの電子機器に電力を供給するための太陽電池パネルも製造している。

また、オリオンのサービスモジュールは、オリオンが月へ向かうコースを維持するために一連の燃焼を行う。

アルテミスIミッション・マネージャーのMike Sarafin(マイク・サラフィン)氏は、「スペース・ローンチ・システム・ロケットは、オリオンを月へ送るためのパワーとパフォーマンスを提供しました。このミッションの最初の重要なマイルストーンを達成したことで、オリオンはこれから次の段階に進み、システムをテストし、将来の宇宙飛行士とのミッションに備えます。」と述べている。

この記事が掲載された時点で、ミッション開始から10時間以上が経過し、オリオンは地球から10万km以上、月からは約32万2000kmの距離にある。オリオンがどこにいるのかは、NASAのインタラクティブなウェブページで確認することができる。

また、以下はヨーロッパサービスモジュールの太陽電池アレイに搭載されたカメラが、遠く離れた地球を撮影して送ってきたものだ。

Screenshot 2022 11 16 101502
NASA TVのスクリーンショット。背景に卵型の地球、手前にサービスモジュールと太陽電池アレイが写っている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA