小島秀夫氏の次回作『Overdose』のプレイ映像と思われるものがリーク、「ウンコを漏らすぐらい」怖いホラーゲームの姿が明らかに

Image: Kojima Productions

スポンサーリンク

小島秀夫監督の次回作『Overdose』の初期映像がオンラインにリークされ、近日発売予定のホラーゲームの姿が明らかになった。

新映像は、Margaret Qualleyが演じるキャラクターが、敵がうろつく暗いホールを歩き回る様子を撮影したものだ。この映像はあまり多くを示していないが、奇妙な部分が多い。ゲームプレイ映像には、まるでTwitchストリーマーのように、ゲームをプレイしているような人物がピクチャーインピクチャーで表示されている。画面上部には「camera player 1」と書かれたテキストが表示され、プレイテストでの映像であることが示唆されます。映像はYouTube風のインターフェイスに表示され、Google Driveに保存されている可能性があることがわかります。その映像を画面の外で誰かが撮影しているのだから、ますます奇妙だ。その映像はタブレットで再生され、その画面にかなり目立つように映っていることから、上半身裸の人物が画面の外で2回目の撮影をしていることが分かる。

https://www.youtube.com/watch?v=kJv7lDXu3XM

レポーターのTom Henderson氏は、この映像が6月にTry Hard Guides紹介したリーク映像と同じであることを指摘した。Kojima Productionsは彼に最初の報告を取り下げるよう要請したようだが、Try Hardはその要請を拒否している。

この映像がフェイクである可能性は少なくともあるだろう。Margaret Qualleyのキャラクター・モデルは『Death Stranding』で使用されたものとそっくりで、これは『Overdose』が小島監督の前作に直接続く作品であることを示しているかもしれない。また、ゲームオーバー画面でゲームクリエイターの名前が表示されるのも奇妙だが、これは制作中だからかも知れない。

いずれにせよ、近日中にもう少し明らかになる可能性もある。小島監督は次のプロジェクトを予告しており、1ヶ月後に開催されるThe Game Awardsで何らかの発表が行われるかも知れない。現在、小島監督はMicrosoftと共同でゲームを開発しているが、『Death Stranding』の続編も制作中と報じられている。

もし報道や噂が本当なら、『Overdose』は小島監督による初の完全なホラーゲームとなる。メタルギアのクリエイターがこれまでに発表したホラープロジェクトは、プレイアブルティーザーの『P.T.』のみで、これはもう公開されていない。小島氏は過去に以下のように発言しており、ホラーゲームの開発を示唆していた。

P.T.は単なる実験作に終わってしまいましたが、いつかまた別のホラーゲームを作ってみたいと思っています。画期的な手法で恐怖を演出し、ただおしっこを漏らすだけでなく、ウンコを漏らすようなものを。すでに構想はあるんですよ。

小島秀夫氏 BAFTAのインタビューの中での発言

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA