Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

AppleはMac Proを意図的に遅らせ、CPUとGPUのコアを追加したより優れたSoCを提供する可能性

Credit: Svetapple

Mac Proは2022年中には発売されると一部では見られていたが、新たなMacの発売は今年中は望めない可能性が高くなり、来年に持ち越されそうだ。

この遅れの理由の1つは、次期Appleシリコンで用いられるテクノロジーである、TSMCの3nmプロセスの立ち上がりの遅れが原因とされているが、BloombergのMark Gurman氏は、Mac Proがこれほど早く実現しない理由はもう1つあると考えている。

同社は2020年にM1を発表した際、Apple Siliconへの移行を2年後に完了させると述べていた。この移行により、Intelプロセッサを搭載したすべてのMacモデルが置き換わることになるが、当初の宣言通りには行かず、2022年のMac ProはIntelモデルのまま終わることになりそうだ。これに関して、Appleの製品製造計画が変わったからであると、Gurman氏は述べている。

しかし、その理由ははっきりしています。このマシンは、Appleがもともと提供しようとしていたものよりも優れたものになるのです。

先日書いたように、私の考えでは、最初の非インテルMac Proは、24と48のCPUコア、76と152のグラフィックコア、そして最大256ギガバイトのメモリが選択できるようになると考えています。

Appleは当初、M1チップのバリエーションを採用する予定だったが、ある時点で、より多くのCPUコアとグラフィックコアを持つM2のバージョンが利用可能になるまで保留にするという決定を下したのだと思います。

このM2ベースの新たなチップについては以前より噂されてきたが、改めてそれを確認した格好だ。

Mac Proを駆動する新しいチップはM2 Extremeと呼ばれると噂されており、その最上位構成は、CPUとGPUのコア数の点でこれまで見たこともないようなものになることだろう。これについては以前、このSoCが最大152コアのGPUと48コアのCPUを搭載し、最大256GBのユニファイドRAMをサポートすることをお伝えした。恐らく、Mac Studioに搭載された、M1 Ultraで採用された、Ultra Fusionと同様のテクノロジーを採用し、M1 Ultra以上の巨大なシリコンになる事が予想される。Appleはさらに、24コアのCPUと76コアのGPUを搭載したMac Proの1つの構成をテストしていると言われている。そして、これはTSMCの3nmプロセスで製造されると言われている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする